オフショア

オフショア

歴史は繰り返す!?オフショア投資の勧誘でネットワークビジネスやMLMがまた増殖している気がするがどうやって契約するかはあなた次第!

オフショア籍の金融商品や保険商品はIFA=正規代理店と直接契約して直接サポートを受けるのが原理原則だが、ネットワークビジネス・マルチレベルマーケティングの階層で契約してしまう人がいる。どのように契約するかはあなた次第だが、どちらが良いかは明確だ。
オフショア

FTLIfe(エフティライフ)の評価や評判まとめ!約200年の社歴があり財務状況や格付けからも客観的に契約をお勧めできる香港の保険会社!

オフショア金融センターである香港の保険会社「FTLife(エフティライフ)」の評価についてまとめてみた。社歴・財務状況・格付けなどから契約しても問題のない保険会社と言える。契約やサポートはIFA=正規代理店が行うので、IFAの選定が肝となってくる。
オフショア

損金算入/節税目的の法人保険商品はある?海外オフショア保険商品で契約数年後の解約返戻率が低く資産圧縮率が高いプランあり!

国税庁が2019年2月14日に「法人向けの定期保険など一部保険商品について、販売を停止する」と発表して以降、日本の法人は損金算入や節税目的の保険商品を契約できなくなってしまったのだろうか?オフショア金融センターに目を向けるとそんな事はない。
オフショア

コミュニケーションコストをケチって丸投げするIFA=正規代理店を選定するな!直接クライアントと向き合って対応してくれるかが最重要!

海外オフショア籍の金融商品や保険商品はIFA(正規代理店)が契約からアフターサポートを請け負う事になる。クライアントと直接向き合う事なく紹介者や仲介会社に丸投げするIFAもあるようだが、そうしたコミュニケーションコストを軽視するIFAを選択すべきでない。
オフショア

オフショア保険商品の解約返戻金/死亡保険金の算出方法は?確定保証部分とリバージョナリーボーナス/ターミナルボーナスで計算が異なる!

オフショア保険商品のシミュレーションは1年毎に解約返戻金や死亡保険金が設定されている。契約年度末毎に数値が算出されているが、年度途中で解約や死亡となった場合はどうなるのだろうか?保証(確定)部分や非保証(非確定)部分で取り扱いが異なってくる。
オフショア

香港フィリップ証券が保険業務を終了!?フレンズプロビデントや保険商品を契約している方はサポート力があるIFAの変更を!

香港のフィリップ証券が顧客に対して、保険業務を止めるので代理店(IFA)の変更をしてもらいたいと案内を送っているそうだ。フレンズプロビデントや保険商品を契約している日本居住の日本人がいると思うが、冷静になってサポート力が高いIFAを選んでもらいたい。
オフショア

香港IFAのMEGA Wealth Management (Asia) Ltd.が活動停止!?メガ社はフレンズプロビデントやオフショア保険商品のサポート中止?

香港IFAのMEGA Wealth Management (Asia) Ltd.と連絡が取れないと相談を受けた。調べてみると、2023年10月4日で保険業の業務を停止する事となっていた。既存契約者は困ってしまうかもしれないが、冷静になってIFAを移管するしかない。
オフショア

オフショア籍の積立投資商品や貯蓄型保険商品で詐欺まがいな紹介者/仲介会社を見極める方法とは?直接IFA=正規代理店に連絡すれば良い!

海外オフショア籍の投資商品や保険商品を契約後、紹介者や仲介会社に詐欺まがいな扱いを受けたと後悔する人がいる。契約している保険会社や商品が詐欺ではなくても、サポートが受けられないなどの被害が出る事もある。どうすればこうした問題を避けられるのだろうか?
オフショア

10年前のオフショア投資の紹介者・仲介業者リストを眺めていたらリンク切れや更新されていない会社ばかり!

オフショア投資はIFAと呼ばれる正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う。紹介者や仲介会社経由で契約している人がいたりするが不要な存在であり、いつまでサポートを行ってくれるか分からない。事実、10年以上継続している紹介者や仲介会社は稀である。
オフショア

オフショア籍の貯蓄型生命保険(Whole Life)で法人契約可能なFTLife(エフティーライフ)のOn Your Mind!もしもの時の支えになる!

もしもの時の為に法人で生命保険を契約したいと考えるビジネスオーナーも少なくない。だが、日本の保険会社が提供するプランで満足いくものはほぼ存在しない。海外オフショアの保険会社に注目すると長く支えとなってくれるようなプランがあったりする。