ポートフォリオ

投資先を一つに集中させずに多くの投資先に分散させること。その組み合わせ。「たまごは一つの籠に盛るな」とあるように、投資先を一つだけに限定するとリスクが増大する為に、投資先を分散させることは重要である。

ポートフォリオ

人口減少・少子高齢化で日本経済が上向く材料が見当たらない…資産はどこに置くべき?金・不動産・株式・債券etcのどれで持つべき?

日本の経済が今後上向くと思いますか?世界を見渡しても人口が減少する地域で経済が良好な地域はありません。自分の大事な資産、どこに置いておくのがいいのでしょうか?命の次に大事なお金、先ずは日本から退避させる事を考えるべきだ。
アジア社会・経済

RL360°(旧名ロイヤルロンドン)で選択できるファンドは公式サイトのFUND CENTREで確認できる!

RL360°(旧名ロイヤルロンドン)は毎月積み立てた金額を100種類以上のファンドから10種類までを選択して運用を行うファンドオブファンズ型の商品となっている。選択できるファンドは公式サイトのFUND CENTREで確認が可能だ。
HSBC香港

オフショア投資のポートフォリオ戦略は?積立×生命保険×HSBC香港!

オフショア投資のお勧めのポートフォリオは?と言われれば年金(老後資金)対策としての積立商品、もしもの時の生命保険、それらの受け皿や通貨分散、余裕資産の置き場所となる銀行口座としてHSBC香港を持っておくのがお勧めと言える。
ポートフォリオ

日本国債が4割以上!年金積立金管理運用独立行政法人は好調?

日本の公的年金は年金積立金管理運用独立行政法人で管理運用されている。賦課制度である年金制度、利回りを出していかなければ維持されないが、4割以上を利回り1%にも満たない日本国債で運用しているのは理解に苦しむ。おそらく購入圧力があるのだろう。
オフショア

アジアス等のオフショア積立投資プランのポートフォリオの考え方

海外の投資商品であれば利回りを決定する大きな要因の一つにポートフォリオがある。今現在のポートフォリオや利回りについて悩むよりも、長期的戦略を把握する事が重要である。長期戦略に納得いかなければ対応法を考えなければならない。
オフショア

日本の銀行がオフショアのサービスを意識している感じがする①

最近、日本の銀行のCMを見ているとオフショアの金融サービスを意識しているのかな?と思う。その一つがラップ口座。ラップ口座内の商品を入れ替えても課税対象にならないので課税の繰り延べができる。日本国内で契約するのがベストだろうか?
ポートフォリオ

効率的な分散投資はラップ口座を使っても日本だけでは無理

資産運用で「管理」は重要な要素である。ある一つの商品や口座だけに集中して管理するのは楽だが、リスクが高い。その為に「分散投資」が必須だが、これも分散し過ぎると管理が出来なくなる。その為に使えるのが「ラップ口座」である。
ドルコスト平均法

新興国はポテンシャルが高いがジェットコースター。長期的視点で!!

新興国通貨が下落している。為替介入の実施を考えている政府もあるようだが、それは不要だ。時間が経てば適正値に回帰する。通貨にしても株価にしても長期的に見れば適正値に行くのだから短期的な考えではなく長期的なポテンシャルで考えてもらいたい。