サンライフ香港

オフショア

サンライフ香港やFTLife、RL360やインベスターズトラスト等の海外保険会社の契約は健全にビジネスをしているIFA=正規代理店を選定せよ!

サンライフ香港やFTLife、RL360やインベスターズトラスト等の海外保険会社の契約はIFA=正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になっている。直接クライアントと向き合いコンプライアンス重視で健全なビジネスを行っているIFAを選ぶべし!
オフショア

Sun Life(サンライフ香港)やFTLife,RL360やITA(インベスターズトラスト)解約時の受け取り方法は?銀行口座への送金や小切手での対応可能!

Sun Life(サンライフ香港)やFTLife,RL360やITA(インベスターズトラスト)、はたまたフレンズプロビデントやスタンダードライフなどの海外オフショア金融商品、解約時はどのように資産を受け取れるのだろうか?アフターサポートがしっかりしているIFAと契約している事が重要である。
オフショア

日本人が契約できる香港の生命保険会社の一覧まとめ!Sun Life(サンライフ)とFTLifeお勧めはどっち?

日本人が契約可能な香港の保険会社はSun Life(サンライフ)とFTLifeの2社だけとなっている。どちらが良いのだろうか?日本人を受け入れていて、サポート力があり、両方の取り扱いがある香港の正規代理店に聞いてみるのが一番だ。
オフショア

サンライフ香港 日本居住の日本人の受け入れ停止!?正規代理店(IFA)が持つスキームであれば今でも契約可能だが法人は加入不可!

かねてから噂のあったサンライフ香港の日本居住の日本人受け入れは噂通りに2018年6月で打ち切りとなったが、完全に道が塞がれた訳ではない。正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)が持っている特殊なスキームで契約できる方法がある。
貯蓄型保険

貯蓄型保険商品は自分の将来や老後資金の為か/子供や孫に資産承継する為か/法人の節税プラン目的で活用するかで契約商品が異なる!

貯蓄型保険商品と言えど、自分の為の将来資金・老後資金目的で活用するのか、お子さんやお孫さんの為に資産承継プランとして契約するのか、はたまた法人での節税・損金計上目的とするのかで契約すべき商品は異なる。どんな商品が当てはまるのかの例をまとめてみた。
生命保険

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!

海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。
生命保険

オフショア生命保険会社の受け入れ状況は?サンライフやFTLife香港の加入は正規代理店IFAでの直接契約が原理原則!

オフショア香港の生命保険の受け入れ状況についてまとめてみた。年々門戸が狭くなっているが、まだ受け付けてくれる香港の生命保険会社は存在する。いつ契約の門戸を閉ざされるのかは全く分からないので、興味がある人は行動を急げ。
未分類

海外オフショア保険などの投資商品の紹介者や仲介会社である事の証明は客観的にできず資格も必要な無意味な存在!IFAと直接契約すべし!

海外オフショア籍の保険商品や投資商品の契約で紹介者や仲介会社が正規代理店(IFA)との間に入ってくる事がある。そうした人や会社が正式な仲介者である客観的な証明はあるのだろうか?金融商品取引法に抵触する立場である人がほとんどで客観的な証明書など無いはずだ。
オフショア

サンライフ香港(Sun Life hk)の評価や評判は?生命保険/相続/配当/貯蓄性保険商品etc 信頼性の高いオフショア金融商品のプロバイダー!

オフショア籍の保険会社であるサンライフ香港(Sun Life hk)。歴史や格付け会社からの評価などを基に信頼性についてまとめてみた。また、どのような商品を提供しているのか?そうした商品に興味がある日本人はどのように行動すれば良いのか?についても解説してみた!
貯蓄型保険

サンライフ香港SunJoy Global(サンジョイグローバル)の商品概要や特徴/評価まとめ!運用利回り約7%の貯蓄型保険商品で契約を推奨できる!

サンライフ香港社(Sun Life)の貯蓄型保険商品サンジョイグローバル(SunJoy Global)の商品概要や特徴まとめ。利回り約7%で運用される商品で運用効率が良いだけでなく、契約者や被保険者の変更や証券分割が可能なので資産承継にも適した商品と言える。