パシフィックライフ

オフショア

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れ最新況情報まとめ2024年版!サンライフ香港は日本など国外の法人契約を打ち切った!

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れの最新情報をまとめてみた。サンライフ香港社は新商品を上市した一方で、香港とは関係ない法人での新規受け入れを停止した。ご自身の予算や考えでどのような商品・プランが良いかは直接IFA=正規代理店に聞いてみるべし。
オフショア

海外積立投資商品やオフショア保険商品の契約は10年以上日本人の受け入れやサポート実績があるIFA=正規代理店を選ぶべし!

海外オフショア籍の金融商品や保険商品はその特性上、10年以上契約を継続してこそ効果を発揮するようになっている。つまりは10年以上日本人の受け入れやサポートを継続しているIFA=正規代理店を選定する事が重要なのだが、残念ながらそうしたIFAは極僅かしかない。
生命保険

インデックスユニバーサルライフ契約でお勧めはパシフィックライフorパンアメリカンライフ?両方取り扱っている正規代理店に相談すべし!

日本居住の日本人を受け入れていてインデックスユニバーサルライフを提供している保険会社としてパシフィックライフやパンアメリカンライフがある。どちらの会社の商品を契約すべきだろうか?どちらも取り扱っている正規代理店に相談して決めてみればよい。
オフショア

サンライフ香港やFTLife、パシフィックライフやパンアメリカンライフなどのシミュレーションは正規代理店IFAに直接お願いしよう!

海外・米国やオフショア籍の保険は日本の保険とは比較にならない利回りとなっているとは良く聞く話。実際にシミュレーションをしてみればその差を確認できる。シミュレーションを出せるのは正規代理店=IFAなので、気になる方は直接連絡すべし。
オフショア

RL360などの海外積立投資商品やサンライフ香港社などのオフショア保険商品は誰から話を聞くかが重要で正規代理店=IFAから直接聞くべし!

RL360などのオフショア籍の積立投資商品やサンライフ香港などの海外保険商品の話を誰から聞くかはとても重要である。セミナーや勉強会の講師・主催者から聞くのではなく、こうした商品を取り扱っている正規代理店(IFA)から直接聞いて、直接契約しなくてはならない。
オフショア

海外オフショア香港の生命保険加入受け入れ状況2023年最新版!もしもの時だけでなく資産保全/資産運用プランとしても価値が高い!

日本居住の日本人の加入を受け付けている海外オフショアの生命保険について、2023年の最新版としてまとめてみた。そうした保険会社は少ないのだが、国内生保とは比較にならないほどの利回りの商品を提供している。ご興味ある方は正規代理店に直接連絡してみるべし。
オフショア

海外オフショア生命保険サンライフ香港/FTLife/パシフィックライフ/パンアメリカンライフetc正規代理店IFAで先ずはシミュレーション!

海外オフショアの生命保険は日本とは比較にならない利回りとなっており、具体的にシミュレーションしてもらえばその差は明確になる。サンライフ香港、FTLife、パシフィックライフ、パンアメリカンライフ等があり、それらの保険会社と提携している正規代理店=IFAを選定すべき。
オフショア

パシフィックライフvsサンライフ香港!海外生命保険Pacific Life対Sun Lifeどちらが良いかは正規代理店IFAに直接連絡して聞いてみるべし!

パシフィックライフとサンライフ香港はどちらが良いのですか?という質問が度々やってくる。どちらが良いかは個々によって異なる。パンアメリカンライフやFTLifeもあるが、こうした保険会社を扱っている正規代理店に直接連絡して具体的に相談してみるのが一番だ。
生命保険

パシフィックライフのユニバーサルライフとサンライフ香港のホールライフ(GenerationsⅡ)生命保険比較、相続対策で契約するならどっち?

サンライフ香港から終身型生命保険ジェネレーション2が2021年に上市された。富裕層向け相続対策商品と言えるが、相続対策商品としては米国パシフィックライフ社のプランも有名だ。どちらの商品を契約するのが良いのかを比較しながら考察してまとめてみた。
生命保険

米国生命保険はアメリカに渡航しないと契約不可?米国系であれば信託(トラスト)設定で可能なところあり!

米国生命保険はアメリカに渡航して健康診断を受診しての契約が必要だったりとハードルが高い。だが、米国系生命保険となると、健康診断不要で信託(トラスト)設定により海外に渡航する事無く契約できるスキームがあったりする。