日本国債

インフレーション

銀行券ルールと日本国債とインフレーションと・・・

2014年度予算がスムーズに成立した。予算額は過去最大の95.9兆円で、相も変わらず日本国債が40兆円以上発行される見通しだ。簡単に借金を作れてしまう国、日本。いつまで日本国債を使った錬金術が通用するのであろうか?
金融知識・金融教育

日本政府が発行する「貨幣」と日本銀行が発行する「紙幣」

日本には政府発行のお金「貨幣」と日本銀行発行のお金「紙幣」があるのはあまり知られていない。紙幣は日本銀行が発行しており「日本銀行券」と呼ばれている。これは政府発行ではないので、日本銀行が発行する証券と言った方が良いだろう。
日本経済

日本銀行の株価と日本債券と金利の関係性

日本銀行は株式会社ではないが民間資金も45%入っており、出資証券としてジャスダック市場でも扱われている。株価の様に変動するが、日本銀行は大量の日本国債を所有しているので、日本銀行の株価を知ることで日本国債の動向を把握できる。
生命保険

第一生命が割安の生命保険を販売するらしいが・・・

第一生命保険が割安な生保の提供を考えているようだ。損保ジャパンと手を組んでインターネットやコールセンターを利用した営業経費の削減から割安な商品提供が可能らしい。しかし、これだけでは本質的に安い商品は作れないはずだ。日本には良質な金融商品が生まれない独特な土壌であることがそもそも問題である。
日本経済

平成24年度財務書類公表、負債が資産を上回り債務超過継続、最悪

2012年の日本国の債務諸表が公開された。負債が資産を上回る債務超過が続いており、その額477兆円。日本の財務状況が悪いことは知られたところだが、日本人にそうした緊張感がないのが怖い。アベノミクスに期待している人が多いが、2013年の財務諸表の公開が今から楽しみである。