銀行預金

0.1% の金利も付かない銀行貯金。

普通口座で利子を期待してる人はいないでしょう。

銀行は金庫の代用としての活用を。

 

定期預金をやってる人、目的は何ですか?

定期預金でも0.1%に満たないでしょう。

0.1%の金利で100万円を10年定期預金に預けても、10年後溜まるのは101万円強。

インフレ率に負けたら実質価値はマイナスです。

 

日本の銀行利回りで、資産が増えないのを物語る法則をご紹介。

「72 の法則:資産を 2倍にするのに必要な期間を算出する計算式」

金利(%) × 年数(年) = 72

資産が2倍になるまでに・・・

0.1%: 720年 
1.0%: 72年
3.0%:  24年
5/0%:14.4年

国内の銀行預金、生命保険、国民年金・・・共通している事があります。

それは、日本国債によってその大部分が運用がされている事。

1%強の利回りである日本国債をベースにしてますから、その末端にいるクライアントには1% 弱の利回りしか残りません。

1% と聞いて、「高利回り」と感じる人がいるようですが、それこそ日本政府の思うツボ。

今一度目を覚ます時。

 

自分のお金をどこに置いておくか?

日本に住んでいるのであれば、その生活費はもちろん日本の身近な銀行に預けるべき。

お金を貯める目的ではなく、金庫代わりとして。 その金庫からお金を出す時には、ATM 手数料と言う引き出し手数料が掛かる事があるのをお忘れなく。

 

そして、余裕資金、過剰資金は海外の銀行を活用すべき。

日本のどこの銀行が良いのだろうと考えるのは時間の無駄。

日本円だけ持っているハイリスクな状態から、海外の銀行を活用して通貨分散させる。

日本の銀行だけに頼る時代は既に終わっています。

 

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

“銀行預金” への 3 件のフィードバック

  1. 昔は、郵便局の定額貯金に10年預けていると倍になった時代がありました。現在は、100万定期に預けても100円しか利息がつきません。本当に情けないです。銀行以外に預ける方法を模索中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です