オフショア

紹介者やネットワーク的集客システムを持つと数の論理で人気のIFAとなる!?海外オフショア籍の投資商品/保険商品の正規代理店は質が重要!

海外オフショア籍の金融商品・保険商品は正規代理店であるIFAが契約からアフターサポートまでを担当する事になっている。その為、IFAの選定が重要と言われるが、「人気のIFAはここです。」と語る人がいるようだが人気の秘密とは!?本質を見抜け!
オフショア

サンライフ香港やFTLife、RL360やインベスターズトラスト等の海外保険会社の契約は健全にビジネスをしているIFA=正規代理店を選定せよ!

サンライフ香港やFTLife、RL360やインベスターズトラスト等の海外保険会社の契約はIFA=正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になっている。直接クライアントと向き合いコンプライアンス重視で健全なビジネスを行っているIFAを選ぶべし!
生命保険

相続対策で生命保険の契約が困難な高齢者が活用できるのがサンライフ香港などが提供している契約者・被保険者変更可能な金融商品!

高齢になると相続対策は困難になってくる。海外では80歳まで契約可能で契約者・被保険者を変更できる商品があり、契約直後の圧縮された解約返戻金の時期に上手く変更すれば相続対策となる。そもそも日本の生命保険で相続対策をしようにも小さな事しかできないはずだ。
相続

富裕層・資産家の御曹司/御子息や御令嬢に考えてもらいたい資産承継対策は?二代目・三代目、孫・ひ孫と上手く贈与や相続をしていこう!

富裕層や資産家の御子息・御令嬢の方は資産承継について考えているはずだ。税金大国の日本は保険会社に圧力を掛けて節税・相続対策の商品を上市させないようにしてガッポリと徴税している。海外の保険会社ではそうした事に左右されないプランが存在するので活用すべき。
相続

死亡人名義の銀行口座はいつ凍結される?亡くなってから遺族が対応で困らないように、終活の一環で相続・資産承継対策を!

亡くなった人の銀行や信用金庫の口座は凍結される。それはいつ・どのようなタイミングで行われるのだろうか?役所から情報が流れる訳ではないようだが、遺族が困らないように相続・資産承継は終活の一環で早めに対策しておくことをお勧めしたい。
インフレーション

国内での銀行預金や生命保険はリスク資産だと認識せよ!国境を越えた国際分散投資でヘッジして資産保全を行い資産価値を高めるべし!

日本人は国内の銀行預金や生命保険に多くの資産を突っ込んでいる事が多いが、こうした行為はリスク資産を増やしているだけである。インフレに対応できないからであるが、消費税増税もありインフレ対応できないところにお金を置くべきではない。
資産移転・資産フライト

ジム・ロジャーズ最後の警告!日本円の価値は下がり、いずれ物価が上がっていく。日本だけはアジアの成長から取り残される。

ジム・ロジャーズ氏が、今後日本円の価値は下がり、いずれ物価が上がっていく事や、日本だけはアジアの成長から取り残されると語っており、日本への最後の警告を鳴らしている。日本国内だけで生き延びようとしない方がよい。先ずは資産移転を考えるべきである。
オフショア

RL360やインベスターズトラスト等の海外積立投資の継続が辛い時、解約して日本に資金を戻すよりオフショア保険商品への契約切替を推奨!

円安ドル高でRL360やインベスターズトラスト等の海外積立投資の継続が困難に感じる人が増えているようだ。先ずは頑張って継続してもらいたい。それでも苦しければ、解約して日本に資金を引き揚げる前に解約返戻金でオフショア保険商品への切り替えを考えるべき。
人口問題

7月11日は世界人口デー!日本や世界の人口をチェックして問題点を抽出してみよう!日本経済は縮小中で日本円リスクが必要と気付くはず!

7月11日は世界人口デー。世界人口は右肩上がりに延びているが日本の人口は2010年頃にピークアウトしている。日本の場合、少子高齢化となっているので納税額の減少・社会保障費の増大など経済・金融に対するマイナス要素が大きい。
日本経済

日本円リスクを考える人が増えている?政府も信用できないと言うならば海外の米ドル建て金融商品で資産移転させて国際分散投資をすべし!

日本は食事が美味しく四季折々の季節を楽しめ、人も優しい素敵な国である。だが、日本円リスクを感じていたり、日本政府を信用していない人が多い。ならば、日本にいながら契約できる海外の米ドル建ての金融商品で資産を海外に逃避させ、保全させておけば良い。