FTlife

オフショア

オフショア投資で特定の業務提携している会社経由でないと契約できない香港IFAってあるの?正規代理店とは直接繋がれ!

海外オフショア籍の金融商品や保険商品は海外にあるIFAに直線連絡して契約からアフターサポートまでをお世話になるものだが、特定の会社経由でしか受け入れていないとか、日本の正規代理店はこちらと説明する人がいるらしい。金融商品取引法に抵触するので注意が必要だ。
オフショア

IFA=正規代理店や紹介者・仲介会社が廃業/倒産/業務終了でオフショア投資難民にならない為に!サンライフ香港、FTLife、ITA、RL360etc

海外オフショア籍の保険商品・金融商品はIFA=正規代理店が契約からサポートまでを請け負うのが原理原則。IFAが倒産・破綻・業務終了したらIFAを移管すれば良いが、紹介者や仲介会社経由で契約し、そうした人や会社に何かあったらオフショア投資難民になってしまうので要注意。
オフショア

紹介者/仲介会社経由での契約やアフターサポート体制にしているオフショア投資のIFA=正規代理店はとかげのしっぽ切り作戦では?

オフショア籍の金融商品や保険商品はIFA=正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になっている。紹介者や仲介会社が間に入るケースもあるが不要な存在である。紹介者や仲介会社は問題が起こった時にとかげのしっぽ切りとなる事を知るべし。
オフショア

アドミニストレーション/アテナベスト/BSウェルス/グランターク/ジャンボアライアンス/ノーブルエイペックスetc香港IFAの評判や評価は?

海外オフショア籍の金融商品や保険商品はIFA=正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負うので、IFAの選定が重要となる。各IFAの評価をしているインターネットのコンテンツもあるが間違った情報も多く、客観的な評価・選択方法についてまとめてみた。
生命保険

日本居住の日本人を受け入れている香港保険会社ランキング!純粋な海外オフショア生命保険ではサンライフ香港&FTLife社の2社のみ!

香港で日本人を受け入れている保険会社を勝手にランキング!だが、日本人を受け入れている香港の保険会社で純粋な生命保険商品を提供している会社はサンライフ香港社とFTLife社の2社しかない。日本居住者にとってはとても狭き門になっている。
生命保険

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!

海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。
オフショア

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れ最新況情報まとめ2024年版!サンライフ香港は日本など国外の法人契約を打ち切った!

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れの最新情報をまとめてみた。サンライフ香港社は新商品を上市した一方で、香港とは関係ない法人での新規受け入れを停止した。ご自身の予算や考えでどのような商品・プランが良いかは直接IFA=正規代理店に聞いてみるべし。
オフショア

FTLife社の生命保険On Your Mind!現役時代は死亡保障が厚く将来的に保険証券を担保に融資で年金受け取り可能だが借り入れなので非課税!

FTLife社の生命保険商品On Your Mindのシミュレーションや商品概要をまとめてみた。現役時代は死亡保障を厚めに、将来的には保険証券(死亡保障額)を担保に融資で資金を引き出せるのが特徴的な商品。融資なので借り入れとなり、課税対象とはならない。
オフショア

海外積立投資商品やオフショア保険商品の契約は10年以上日本人の受け入れやサポート実績があるIFA=正規代理店を選ぶべし!

海外オフショア籍の金融商品や保険商品はその特性上、10年以上契約を継続してこそ効果を発揮するようになっている。つまりは10年以上日本人の受け入れやサポートを継続しているIFA=正規代理店を選定する事が重要なのだが、残念ながらそうしたIFAは極僅かしかない。
オフショア

サンライフ香港Victory(ヴィクトリー)とFTLife Regent Premier 2(リージェントプレミア2)の比較!貯蓄型保険商品を契約するならどっち?

サンライフ香港のVictory(ヴィクトリー)とFTLifeのRegent Premier 2(リージェントプレミア2)はどちらも貯蓄型保険商品となっていて、似たような商品概要となっている。この2つの商品を比較し、契約するならどちらが良いのかを検証してみた。