Fubon

オフショア

海外積立投資商品やオフショア保険商品の契約は10年以上日本人の受け入れやサポート実績があるIFA=正規代理店を選ぶべし!

海外オフショア籍の金融商品や保険商品はその特性上、10年以上契約を継続してこそ効果を発揮するようになっている。つまりは10年以上日本人の受け入れやサポートを継続しているIFA=正規代理店を選定する事が重要なのだが、残念ながらそうしたIFAは極僅かしかない。
貯蓄型保険

Fubon Life(フボンライフ香港)の貯蓄型保険商品Prosperity Booster Whole Life Plan 5!法人契約で損金計上や役員退職金構築可能!

Fubon Life Insurance (Hong Kong) Company Limited(フボンライフ香港)の貯蓄型保険商品Prosperity Booster Whole Life Plan 5の商品概要まとめ!日本の保険商品では達成できない利回りとなっている。法人契約も可能で、資産圧縮での損金計上や役員退職金構築も可能なプラン。
オフショア

サンライフ香港やFTLife、Fubon Life(フボンライフ)契約のデメリットは?香港保険商品はIFA=正規代理店を正しく選定すればリスク小さい!

Sun Life(サンライフ)、FTLife(エフティライフ)、Fubon Life(フボンライフ)などの香港保険会社が提供する商品の契約にリスクやデメリットはないのだろうか?問題が生じない為の契約方法についてまとめてみた。ポイントは正規代理店=IFAの選定に尽きる。
生命保険

サンライフ香港が日本法人受け入れ終了!?役員退職金や損金算入などの代替策はFubonやFTLifeのオフショア保険商品か?

サンライフ香港が香港に関連性のない法人の受け入れを停止したようだ。日本法人としては役員退職金構築や損金算入による節税などで活用価値が高いオフショア保険商品の法人契約だが、サンライフ香港の代替となる保険会社はあるのだろうか?
オフショア

Fubonフボンライフ香港Power 5 Endowment Plan-サンライフ香港VISIONを比較!クーポン配当型オフショア金融商品 契約すべきはどっち?

Fubonフボンライフ香港のPower 5 Endowment PlanとSunLifeサンライフ香港のVISION、クーポン配当型のオフショア金融商品の2つを比較して契約すべきはどちらなのかを検証!どちらにしても、日本に寝かせているお金がある人は早めに資産移転すべきである。
オフショア

Fubon Life hk(富邦・フボンライフ香港)のPower 5 Endowment Planは16年満期のクーポン(配当)商品!評価・考察してみた!母体は台湾!

台湾母体のFubon Life Insurance (Hong Kong) Company Limited(富邦、フボン)が日本人も受け入れている確定クーポン(配当)付き養老年金商品Power 5 Endowment Planを上市したようだ。どんな商品なのか、考察をしてみた。