金投資

絶対的価値を持つとされる「金」「Gold」

経済が混とんとしている時は、安定感のある金の需要が伸びると言われております。

世界経済が混とんとしない現代社会、金の重要は増すばかり。

米国や中国を始めとする多くの国が金の保有量を高めております。

インドや中国では、プレゼントや宝飾品としての金の需要が増しています。

 

しかし、金価格は10年前から急激に上昇。

3年ほど前に高値を付けてからは下落中。

現在のポイントを下落と見るか?上昇途中の調整と見るか?

goldchart
(Yahoo.com financeより)

 

金の埋蔵量には限りがあります。

⇒ 金の産出量

 

世界人口は右肩上がりに上昇中。

44_01
(外務省ホームページより)

 

需要と供給のバランスから考えれば、金価格は将来的には上昇すると考えられます。

 

安値で買って高値で売るのが投資の基本。

いつ、どこが安値になるかは誰にもわかりません。

ここだと勝負をかけずに、毎月平均的に購入する方法を使えばリスクは減るでしょう。

 

どこで購入するかも問題です。

手数料などのコストは?

現物を購入したら、どこでどのように保管する?

 

海外には、現物ではなく金価格に連動した証券(ペーパーゴールド)を購入できる銀行も存在します。

 

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です