日本国、税収が予想対比1.3兆円増。債務残高の金利分程度?

2014/06/25

2013年はアベノミクスで盛り上がった。

その影響か?税収が予想よりも1.3兆円増えるようだ。

 

売り上げ上方修正3%

企業でも業績が予想より上下することはよくある話。

至って普通のことだ。

むしろ予想通りに進む方が珍しいだろう。

平成25年の税収、政府は予想より1.3兆円増、税収が46兆円強になると公表したが、たかだが3%。

これを多いとみるか?少ないとみるか?

3%と見ると多く感じないが、1.3兆円と聞くと多く感じてしまう人がいるのかもしれない。

データをどう扱うか?の問題である。

この場合は、ある意味プレゼンが上手いと言えるが、賢明な国民は騙されてはいけない。

010 一般会計税収の推移

税収はサブプライムショック、リーマンショックからは立ち直りつつあるが、それでもまだまだ減少の流れ。

平成26年は強気な予想をしているか、果たしてどうなるだろうか?

 

国家予算>税収

日本の平成26年度の国家予算は95.9兆円。

企業における予算と同じと考えればよいが、企業であれば、この予算をベースに売り上げ計画を立てていく。

企業での売り上げは、国でいえば税収。

昨年の売り上げ(税収)が46兆円とすれば、その倍以上の予算を計上していることになる。

企業の場合、銀行からの借り入れや出資先を探すことになる。

相当の計画を出さなければ誰もお金を貸してはくれないだろう。

しかし、日本国の場合は伝家の宝刀「日本国債」がある。

毎年40兆円程度の日本国債を発行し続けているのである。

そして溜まりに溜まった債務残高は1,000兆円を超えている。

 

税収が1.3兆円増加したのは嬉しいことだ。

しかし、まだまだ返さなければならない借金(日本国債)が多過ぎる。

金利が0.1%とすれば、1,000兆円の金利分は1兆円。

税収増加分は金利返済程度しかないのだ。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link