HSBC香港

HSBC香港

HSBC香港口座休眠ロック凍結解除サポートin香港!復活させたいと思っている方はご相談ください!

せっかく作ったHSBC香港の銀行口座が休眠・ロック・凍結の状態となり現金を引き出せない人も多い。現地窓口に行かないと復活出来ない事が多いが、私が香港滞在中であれば現地有料のサポート会社を利用してお手伝いする事は可能だ。
HSBC香港

オフショア投資のポートフォリオ戦略は?積立×生命保険×HSBC香港!

オフショア投資のお勧めのポートフォリオは?と言われれば年金(老後資金)対策としての積立商品、もしもの時の生命保険、それらの受け皿や通貨分散、余裕資産の置き場所となる銀行口座としてHSBC香港を持っておくのがお勧めと言える。
HSBC香港

HSBC香港の口座開設は抜き打ちでマネージャ―テストがある⁉

年々口座開設が厳しくなっているHSBC香港。英文の住所証明や窓口で英語か広東語で会話するのは必要最低限の事であるが、状況によってはマネージャーの抜き打ちチェックもあり、口座開設目的が意に沿うかなどの対応力も必要だ。
HSBC香港

日本の銀行は10年以上取引がなく残高1万円未満の口座を休眠扱いとするらしい!

日本の休眠口座の取り扱いに関するニュースを見聞きする事が多い。大事なお金を日本の銀行口座に預けておくこと自体が問題だと思う。海外の銀行口座を活用してリスク分散し、1年に一度は資産の棚卸をする事を心掛けてもらいたい。
HSBC香港

HSBC香港で複数通貨を分散所持する方法とは?マルチカレンシー口座を活用しよう!

HSBC香港にはマルチカレンシー口座と言って、複数の外貨を所持できる口座が用意されている。資産を分散しておきたい時に有効な手段だが、口座内で外貨交換が自由にできるので、先ずは香港ドルや日本円で入金すれば良い。
HSBC香港

HSBCは一つの国でプレミアを作れば他国では簡単に口座開設できるGlobal Viewというサービス有り!

HSBC香港には3つの口座が用意されていて、最もグレートが高いのはPremier(プレミア)だが、HSBCではどこかの国でPremier口座を開設したら他国では容易にPremier口座が開設でき、一括管理できるGlobal Viewというサービスがあるのだ。
HSBC香港

2018年HSBC香港 口座開設状況最新版!もうはまだなり まだはもうなり!

HSBC香港口座開設、「もうできない」と言っている人もいるが「まだできる」。オフショア投資を行うのであればHSBC香港の口座は持っていた方が良い。HSBC香港の口座を持っていない人は是非チャレンジを!
HSBC香港

HSBC香港ATMカードの再発行は郵送で手続き可能!

HSBC香港のATMカード再発行は公式サイトから申請書をダウンロードして、必要事項を記入した後に郵送で行う事ができる。とは言え面倒な作業なので、破損や紛失しないように、またカードが凍結されないように注意をしておこう!
HSBC香港

HSBC香港は子供名義でも口座開設可能?18歳以上の年齢制限があるので先ずは親が作ってその後に共有口座にしよう!

お子さんにHSBC香港の口座を持たせたいと考えている人も多いようだ。残念ながら口座開設条件は18歳以上となっており、子供名義では作れない。先に親が作っておいて、後から子供の名義を加えて共有名義にするという方法は可能である。
HSBC香港

HSBC香港やオフショア生命保険会社の郵送物はコレスポンデンスアドレスを指定して転送ができる!

HSBC香港やオフショア生命保険会社の郵送物はコレスポンデンスアドレスを指定して自宅以外の場所に送ってもらう事も可能だ。自分の意志で行っていれば問題ないが、紹介者によって勝手に転送されていれば問題だ。