午年新成人の人口は少ないけど、その馬力に期待!

2017/8/12(土)-16(水)まで愛知県にて面談可能です!
詳細はこちら 2017/8/12(土)~16(水)in愛知。面談希望者はどうぞ!
2017/8/17(木)-20(日)まで東京・横浜にて面談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。面談希望者はどうぞ!

今日は成人式。

ここ数年、成人式は極寒な感じがする。

これも大人になる為の試練なんだろうか?

 

毎年、成人式と敬老の日は日本の人口について考える日だと思っている。

 

成人式はその年の新成人人口から、日本の活力、将来への馬力がわかる。

敬老の日は平均寿命を基に、医療保障など社会保障制度について考えさせられる。

どちらも考えれば考える程、苦しい日本社会が見えてくる。

 

662-1

662-2

総務省統計局ホームページより)

 

今年の新成人は122万人。

昭和40年代前半と比較すれば、新成人が半数になっている事がわかる。

日本は、馬力が半減したことになる。

午年に皮肉な話だ。

 

午年全体の人口は、丙午の影響もあって十二支の中で一番少ない。

人口の少なさは一人一人の馬力でカバーするしかない。

と根性論を言っていても何も解決もしない。

こうした根性論が日本をダメにしているのだろうか???

 

 

今年の新成人人口は約122万人。

日本の平均年齢はざっくり80歳として、雑な計算すれば、

122万人×80 =9,760万人。

1億人を割ってきた。

 

実際に日本の人口は既にピークアウトしてると見られ、2050年には1億人を割ると算出されている。

上の計算通りではないが、今年の新成人が定年を迎える頃の話だ。

人口の話を数字で見てもピンとこない人が多いだろう。

まだまだ騙し騙しやりくりできているからだ。

徐々にボディブローのように効いてくる。

身を持って感じたら、「時既に遅し」。

 

 

未来輝く新成人には自分の力で自分の未来を切り開いてほしい。

その力は自分を輝かせるし、日本をも輝かせる。

と、これも根性論だろうか?

馬はエサを与えないと走らないが、残念ながら日本にはニンジンが少ない。

 

自分のエサは自分で作るか、自分で見つけるしかないのです。

関連記事:
    None Found

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です