無収入、無所得の人は確定申告が必要か?

2017年6月in那覇&札幌。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

もうすぐ確定申告の季節。

納税は国民の義務ですのでお忘れなく。

ふと疑問に思ったのだが、収入が無い人は「収入が無い=所得が無い」ことを確定申告しないとダメなのか?

質問して聞いてみた。


確定申告は所得税を対象とした制度との事。

この回答、またまた疑問が生じる。

確定申告すると住民税や社会保険料までが決定するのは何故?

これも質問して聞いてみた。

確定申告のデータは市役所に送られ、住民税や国民健康保険の額が決定されるらしい。

 

根本の疑問の結論だが、所得が無い人は確定申告に行っても受け付けないとの事。

所得税を払わない人が忙しいのにやってくんな!って事だろう。

しかし、役所には所得がないことを告げた方がいいらしい。

(2016年1月追記:今はマイナンバーで税金、社保が紐づけされるから、無収入・無所得でもしっかりと確定申告をした方が賢明と思う。)

 

何か変な制度と感じるが、これが日本の制度。

多くのサラリーマンは住宅ローン控除や医療費が高額でないと確定申告には縁がない。

サラリーマンは、会社が税務署の代わりに納税をしてくれるのだが、間違えてはいけない。

サラリーマンの納税制度は「特別徴収」。

毎月、税金は天引きされて納税される。

確定申告で自ら納税するのが「普通徴収」。

多くの人(サラリーマン)は特別な制度で納税しているのだ。

 

サラリーマンとしては楽な制度かもしれない。

この制度により多くのサラリーマンは税金のことを考えない。

だから国はサラリーマンを狙い撃ちして増税や社会保障の負担増を考える。

年末調整で税金が還付されたと喜んでいる場合ではない。

それだけ多くの税金を納めているのである。

 

サラリーマンで確定申告に行く人は控除、還付対象であろう。

自営業にとっては嫌な確定申告、サラリーマンにとっては嬉しい確定申告。

どちらにしても、日本の納税制度、自分の納税額を考える良い機会としてもらいたい。

 

 

関連記事:
    None Found

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です