便乗値上げ-消費税増税=インフレターゲット

2017年6月in那覇&札幌。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

2014年4月1日より消費税が5% から8% にUPします。

消費税を上げる議論をしていた時には、上げるな上げるなと盛り上がってましたが、いざ増税が決定すると落ち着いたものです。

決まってしまったものは、潔く受け入れようと思っている人が多いのでしょう。

 

消費税は1989年に3%として導入されました。

その時に、商品やサービスが単純に3%UPしただけかと言えば、そうではありませんした。

「便乗値上げ」と称して、3%以上の料金上乗せしていたお店が多いです。

ジュースは100円から110円になったのがいい例でしょう。

実際に消費者物価指数は上昇しております。

 

消費者物価指数(年平均値)の推移 - 世界経済のネタ帳

1997年にも消費税は5% から8% にアップしております。

この時の消費者物価指数は、1989年より上昇しております。

グラフを見るとインパクトが小さいですが、1989年に便乗値上げをし過ぎたのと、5%と言うキリの良さから、値上げをしなかったのかと思います。

 

今回の消費税アップは、1997年以来17年ぶり。

前回は、1989年から1997年で8年の間をおいてでしたので、今回はその倍以上のインターバルがあります。

5% から8% へと数字も中途半端。

便乗値上げするには、消費税率としてもインターバルとしても好適なタイミングかもしれません。

 

8% が中途半端であれば、価格設定的にはキリの良い10%が狙いどころか?

そうであれば、消費税を抜いた+2%分、商品・サービス価格が上がる事になります。

2% と言えば、アベノミクスのインフレターゲット目標に合致します。

最初から全てが仕組まれていたかもしれませんね。

 

国民は、何の疑いもなく消費増税を受け入れ、その結果として起こり得る便乗値上げにも音を上げず、アベノミクスのインフレターゲット2% 達成と喜んでいる姿が想像できます。

関連記事:
    None Found

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です