インフレーション

一言で言えば、物価上昇。実体経済を伴ったインフレーションでは問題は少ないが、紙幣コントールなどによる作られたインフレーションには注意が必要。政府の施策には注視する必要がある。

インフレーション

老後2000万円問題と言うけれど物価上昇/インフレーションが起これば何倍もの将来資金が必要となる日本!若者は海外に出るしかない!?

2019年に金融庁が報告した老後2000万円問題。その後に物価高騰・インフレーションが進行しており、その分だけ必要な老後資金は増加しているはずで、若い人ほど将来の物価上昇を考える必要がある。給与を増やすにしても運用するにしても日本国内で解決できる?
インフレーション

インフレーションに負けない資産運用を行い日本円リスクに対処せよ!長期的・歴史的に見れば現金・通貨・貨幣の価値は下がり続けている!

長期的/歴史的に見れば現金・通貨・貨幣の価値は下がり続けている。そして、人口減少・少子高齢化などの影響により経済力が落ち、日本円そのものも力が無くなりつつある。こうしたリスクを踏まえて、どこでどのように資産価値向上を目指すかを考える必要がある。
インフレーション

預金封鎖と財産税導入の可能性は?国債発行の借金を国民に負わせる流れは戦後昭和21年とコロナショック後で状況が酷似!?

コロナショックに対する日本政府の対応や国の財務状況から、預金封鎖が実施され財産税が導入されるのを懸念する人が増えている。戦後昭和21年に行われた預金封鎖・財産税の時と同じような雰囲気があるので、気になる方は早め早めに対応すべきである。
インフレーション

物価上昇中に新紙幣発行でタンス預金がじゃぶじゃぶ出てきたらインフレーションが加速するのでは?日本円リスクの対策・ヘッジをすべき!

世界中で物価が上昇している中で日本は緩やかな部類となっているが、新紙幣発行も予定されいてタンス預金が市中に出回れば相対的にインフレが進む可能性もある。新紙幣発行後に預金封鎖して預金税・資産税を徴収する話もあるので、余裕資金の置き場所には要注意!
インフレーション

世の中はステルスに溢れている?ステルスインフレーション・シュリンクフレーションで知らず知らずに支払額が増えている可能性大!

ステルス〇〇という言葉をよく見聞きする。ステルス値上げ、ステルスインフレーションは消費者が気付かないようにサイズを縮小させてこっそりと値上げする事だが、徐々にこっそり値上げするのも限界に達し、堂々と値上げする企業が増えている。本格的なインフレ到来の前兆だろうか?
インフレーション

海外オフショア投資で為替リスクを考えすぎる人がいるけど日本円リスクは考えないの?資産逃避・分散投資のすゝめ!

海外積立投資商品やオフショア保険商品の契約を迷っている人の中で過度に為替リスクを気にする人がいる。もちろん為替リスクはあるのだが、それ以上に日本円リスクの方が大きいと思う。日本に住んでいて日本で日本円を貯め込むのは日本円リスクが増すばかりである。
インフレーション

安倍晋三元首相曰く日本国債は日本銀行がお札を刷って買い取れるが、その副作用はインフレ進行と日本円の暴落!これが日本円リスク!

安倍晋三元首相が日本国債は日本銀行が円を刷る事で買い取れると現代貨幣理論(MMT理論)について話していたが、そこにはインフレの進行や日本円の暴落が副作用として存在するとハッキリと語っていた。これこそが日本円リスクであり、資産保全する必要があるのだ。
NISA&iDeCo

NISAやiDeCoで非課税枠を作ってまで投資させたいのは日経平均株価を維持させて日本銀行を守りたいだけではないだろうか?危険な関係性!

なぜ政府は非課税枠を作ってまでNISAやiDeCoを推奨するのかと考えると、日経平均連動のETFを購入している日本銀行を守る為ではないかと思えてくる。投資をしているのではなく、日本政府に個人資産を使われてしまう制度ではないかと感じる。
インフレーション

ペイオフ・預金保険制度は日本中の銀行が破綻しても助けてくれる?インフレーション・スタグフレーションになったら意味がない!

日本のペイオフ・預金保険制度では一行当たり1,000万円までは預金保険機構による保護されるが、多くの金融機関が破綻した時、本当に保護されるのだろうか?インフレになったら資産価値が減少する事も考えておかなくてはならない。
インフレーション

インフレ(物価上昇)したらお金の価値はどうなるの?資産運用の目標額を日本円基準で考える時の注意点!

将来必要なお金がいくらかを考える時、今現在の日本円の価値だけで検討すると足りなくなってしまう可能性がある。それはインフレ(物価上昇)が加味されていないからだ。インフレと物価・日本円の資産価値の関係性についてまとめてみた。