利回り

オフショア

フレンズプロビデントを継続できる人は「資産移転ツール」と考えている

フレンズプロビデントは利回りばかりが気になっている人がいるようだが、利回りと同等、もしくはそれ以上に価値があるのは、日本にいながらクレジットカードを利用して海外に資産を移せることにある。
オフショア

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品の年利・利回りは?

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品Quantum(クォンタム)、気になるのは年利や利回りだろうか? 積立型の投資信託商品なので、数字が確定している訳ではない。
HSBC香港

オフショア投資商品は「金利」で考えるべきものではない!!

オフショア積立投資に関して、金利は何%ですか?と質問する人がいるが、オフショア積立投資は金利商品ではない。同じように利回りについても、個々でポートフォリオは変わってくるので、正確に何%と回答はできない。過去の数字よりも将来を見据える事が重要だ。
オフショア

アジアス等のオフショア積立投資プランのポートフォリオの考え方

海外の投資商品であれば利回りを決定する大きな要因の一つにポートフォリオがある。今現在のポートフォリオや利回りについて悩むよりも、長期的戦略を把握する事が重要である。長期戦略に納得いかなければ対応法を考えなければならない。
ドルコスト平均法

ハンサード等のオフショア積立投資プランの利回りと運用成績

積立投資を行っている人は、その利回りが気になることだろう。しかし積立投資は長期で運用してリターンを求めるもの。短期的な利回りで一喜一憂していても仕方ない。利回りよりも世界経済との比較で自分の資産価値を把握すべきである。
生命保険

第一生命が割安の生命保険を販売するらしいが・・・

第一生命保険が割安な生保の提供を考えているようだ。損保ジャパンと手を組んでインターネットやコールセンターを利用した営業経費の削減から割安な商品提供が可能らしい。しかし、これだけでは本質的に安い商品は作れないはずだ。日本には良質な金融商品が生まれない独特な土壌であることがそもそも問題である。
日本経済

平成24年度財務書類公表、負債が資産を上回り債務超過継続、最悪

2012年の日本国の債務諸表が公開された。負債が資産を上回る債務超過が続いており、その額477兆円。日本の財務状況が悪いことは知られたところだが、日本人にそうした緊張感がないのが怖い。アベノミクスに期待している人が多いが、2013年の財務諸表の公開が今から楽しみである。