金融商品を紹介する知識のある人・ない人、背景いろいろ。契約は紹介者経由ではなくIFAと直接すべし!

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

日本国内でオフショア投資の紹介業を行っている人から質問をもらう事が増えてきた。

たくさん紹介者っているんだなと思いつつ、こうした人とやりとりをしていると、やはりオフショア投資は正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)に直接連絡を取って契約をし、事後サポートを受けられるようにしておく必要があると痛感する。

オフショア投資は金融・法的知識、そしてサポート力があるIFAと直接契約しなくてはならない!

メールなどで質問を受け付けていると、何故か紹介業を行っていると明かして商品内容などを聞いてくる人がいる。

金融庁に登録されていない商品の営業・販売・勧誘は金融商品取引法に抵触するという法律を先ずは知らないんだなと感じる。

そもそも私は、「紹介者を介さずにIFAと直接契約しなさい」と常々このブログに書いているのにもかかわらず、私に質問してくる紹介者がいる事自体が不思議だ。

ブログの表面だけ見て質問してくるのだろうが、そうした人に限って持っている知識も表面的な事だけだったりする。

そして、実際に質問内容を聞いていると、よくこんな知識レベルで紹介業をしているなと思ってしまう。

少なくとも私よりも知識がないのに、業として行っているのは問題だ。

多くの場合、「紹介業なんて辞めれば良いのに…」と思い忠告するケースもあるが、そうした私のアドバイスなど聞き入れる余地はないだろう。

問題はこうした人と接点を持ってしまったケースである。

例え良い商品であったとしても、こうした人から契約をしてしまうと、商品知識を把握しないまま契約したり、間違った情報を植え付けられてしまう事になる。

商品概要をしっかりと聞いてから契約しなくてはならないが、そもそも商品知識を持っていない紹介者にそうした説明ができる訳はない。

同様に事後サポートもできるだけの知識・体力がないので、契約後に連絡が取れなくなるケースが多いのである。

 

RL360°(旧名ロイヤルロンドン360)、Investors Trust(インベスターズトラスト)、SunLife(サンライフ)等々、良い商品である事は間違いないが、紹介者からの質問を受ければ受けるほど、オフショア投資商品は正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)に直接連絡を取って商品概要を聞いてから契約し、契約後も事後サポートを直接受けられるようにする事が重要だと感じる。

もちろん、IFAによっても金融や法的知識、サポートレベルが異なってくるので、オフショア投資で一番重要なのはIFAの選定となってくるのである。

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください