フレンズプロビデントやRL360°、インベスターズトラストの死亡時受取人や信託受益者の設定はされていますか?契約者死亡時の対応とは?

2020年11月23日(月・祝)-26(木)、東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

フレンズプロビデント(Friends Provident International)やRL360°(アールエルスリーシックスティ、旧名ロイヤルロンドン)、インベスターズトラスト(Investors Trust Assurance SPC)などが提供するセービングスプラン(Savings Plan)、いわゆるオフショア積立や海外積立と呼ばれる投資商品は保険の機能が付いたWL(Whole Life)と呼ばれる商品と保険の機能が付いていないCR(Capital Redemption)と呼ばれる商品に層別される。

CRで契約しているのであれば、信託受益者の設定をしておかないと相続時に大変面倒な手続きを要する可能性がある。

海外オフショア積立投資商品、共有名義や死亡時受取人設定、信託受益者設定をしておくべし!

フレンズプロビデントやRL360°、インベスターズトラストにはWLとCRの商品がある。

フレンズプロビデントは2012年に新規受け入れを停止しているが、RL360°は2017年4月以降の新規契約者はCRしか選択できなくなっている。

インベスターズトラストは両方とも契約可能。

WLは保険の機能が付いているとは言え、死亡時に時価総額の+1%を付与して解約返戻金を受け取れるというシステムになっているだけである。

もしもの時の為に大きな死亡保障が提供されているという意味の商品では無い。

WLに何故+1%の死亡保障が付いているかと言えば、亡くなった時にスムーズに死亡時受取人にお金を移せるようになっているからだ。

では、保険機能が付いていないCRの場合はどうなるのだろうか?

この場合、先ずは共有名義人が引き継ぐ事になる。

共有名義人が設定されていない場合はどうなるかと言えば、相続人が引き継ぐ or 解約して返戻金を受け取るという事になる。

共有名義人が設定されていれば、その人を起点にしてその後どうすれば良いかを考えていけば良いのだが、保険機能が付いていないCRの場合で共有名義が設定されていないと相続人は誰かと言う問題が出てくる。

その為に、事前に信託受益者を設定しておけばいいのだが、亡くなった後に共有名義人もおらず信託受益者もいなければ大変面倒な事になる。

プロベイト(PROBATE)と呼ばれる法的手続きをしなくてはならないからだ。

香港に登録されている金融商品なら香港、マン島ならマン島、ケイマン島ならケイマン島で法的処理(裁判)が必要になるケースがある。

こうした手続きはとても面倒なので、生存中にWLなら共有名義人と死亡時受取人、CRなら共有名義人と信託受益者を設定しておくべきなのである。

 

オフショア投資はサポート力がある正規代理店(IFA)と直接契約すべきと常々お伝えしているが、こうしたテクニカルな話になると手数料をもらっておけば良いと考えている紹介者では対応できない。

契約時だけ良い顔をする紹介者を介して契約するのではなく、アフターサポートもしっかりとしてくれる正規代理店と直接繋がっておかなくてはならないのだ。

せっかくコツコツと積み立てた資産、自分の代はもちろんだが、次世代にも資産を遺せるようなサポート体制にしておかなくてはならない。

これから海外オフショア積立投資を始める方はそうした正規代理店と直接契約すべきであり、既に契約されている方でサポート体制に不安を覚える方は正規代理店を移管(変更)する事をお勧めしたい。

 

☆ご質問はこちらから。

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link