HSBC香港はどの銀行・コンビニで引き出すのがお得?ATMによって引き出し限度額や手数料が異なる!

2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月15,16日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

世界中の多くの国の現地通貨で現金引き出しが可能なHSBC香港。

UnionPay(銀聯)と提携しているATMから引き出しする事ができるが、日本国内であればどの銀行・コンビニのATMを利用するのがお得なんだろうか?

手数料・引き出し金額からお得に引き出せるATMはEnet ATM!

先ず、HSBC香港は1日当たりの引き出し限度額が設定されている。

口座種類やATMカードの発行時期によって限度額は異なっている。

カード発行日
~2017年1月7日 2017年1月8日~
プレミア
(Premier)
4万HKD 8万HKD
アドバンス
(Advance)
3万HKD
パーソナル・インテグレーテッド
(Personal Integrated)
2万HKD

2017年1月8日以降に発行されたATMカードであれば、1日8万HKDまで引き出し可能。

1香港ドル14.3円(2018年9月20日レート)で計算すると、1日当たり約114万円。

2017年1月8日以前に発行されたカードを持っていて、引き出し金額を8万香港ドルまで引き上げたかったら、新しいカードを申請すれば良い。

ただし、日本で引き出す場合、銀行やコンビニのATMで1回当たりの引き出し金額が設定されていて、1日8万香港ドルまで引き出そうと思ったら、複数回に分けて引き出しを行わなければならない。

ATM 1回当たりの
引き出し限度額
1回当たりの
手数料*
Enet ATM
(ファミリーマート等)
10万円 無料+20香港ドル
三井住友銀行 10万円 75円+20香港ドル
セブン銀行 10万円 110円+20香港ドル
三菱UFJ銀行 5万円 無料+20香港ドル
ローソンATM 5万円 無料+20香港ドル
イオン銀行 5万円 75円+20香港ドル
ゆうちょ銀行 5万円 216円+20香港ドル
みずほ銀行 5万円 216円+20香港ドル

*為替手数料もあり

3大メガバンク・ゆうちょ銀行・大手コンビニ系銀行(ATM)で比較をしてみた。

この他のATMでの手数料を知りたければ「ATM(銀行名) UNION PAY 手数料」で検索すれば分かると思う。

私が調べた範囲でどこのATMがお得かと言えば、ファミリーマートやドン・キホーテに設置されているEnet ATM。

1回当たりの引き出し金額が10万円となっていて、日本国内での手数料は無料。

取引画面を見ると手数料無料の三菱UFJ銀行と提携しているようだ。

ただし、三菱UFJ銀行が1回当たりの引き出し限度額5万円に対し、Enet ATMは10万円になっているのは謎。

1日当たりの引き出し制限額や手数料は変更になる事もあるので、時間が経てばHSBC香港から引き出せるお得なATMは変わる可能性はある。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください