ウォーレン・バフェットの名言、周囲の人からそれなりの評判を得るには20年かかる。だが、その評判はたった5分で崩れることがある。

伝説の投資家と言われているウォーレン・バフェットの名言にこんな言葉があるのはご存知だろうか?

「周囲の人からそれなりの評判を得るには20年かかる。
だが、その評判はたった5分で崩れることがある。
そのことを頭に入れておけば今後の生き方が変わるはずだ。」

継続して築き上げるのは困難な事だが、最も重要な事であり簡単に崩してはいけない!

信頼や信用を得るのは大変である一方、ちょっとした事で簡単に信頼や信用を失うという事は誰しも分かっている事と思う。

そして、失った信頼・信用を取り返すにはそれまでに築き上げてきた労力の何倍もの力が必要になってくる。

友人関係にしても仕事にしても同じであるはずだ。

ウォーレン・バフェットに言われるまでもなく分かり切った事だと思うが、偉人にこうした言葉にされると重く胸に突き刺さる。

最後の一文、「そのことを頭に入れておけば今後の生き方が変わるはずだ。」が最も重要なフレーズかもしれない。

いくら分かっていても、ふとした瞬間に信頼・信用を失うような言動をしてしまうのが人間の弱さかなと思う。

 

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットが言う事なので、投資・資産運用に当てはめて考えてみても同じこととなってくる。

投資は基本的に長期で考えるべきである。

短期であれば投機(博打・ギャンブル)的要素が大きくなるので、その手法は信用に値しないと言える。

長期であれば少なくとも10年以上が必要であり、ウォーレン・バフェットが言う20年と言う年月と重なってくるが、資産は20年ほどの年月をかけて構築していくものと言う事だろう。

解約しようと思えばその判断は5分もあればできてしまうかもしれないが、その一瞬の判断でお金からの信用は無くなってしまう。

資産運用はお金に働いてもらうものと言う考えがあるが、その労働者であるお金から信頼される人間にならなければならない。

簡単に切ってしまってはいけない。

 

海外オフショアの金融商品はどこかの紹介者や仲介会社の勉強会やセミナーを通じて知る人が多いように感じる。

その人や会社のキャリアはどれほどだろうか?

たかだが数年の人を信じてはいけない。

とはいえ、日本に本格的に海外オフショア投資商品が入ってきたのは2005~2010年頃だと思う。

そう考えると、少なくとも10年以上はオフショア金融の世界で生きていて、当該国の金融庁や保険業の資格を有している正規代理店や個人の有資格者を探して契約するしかない。

長期契約商品であるのにも関わらず、資格もなく経験も浅い人であったら、信頼して契約出来ない事は誰でも感じるはずである。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link