海外積立金融商品やオフショア保険商品を紹介者・仲介者経由で契約した時の末路とは?誰とも連絡が取れない投資難民になる可能性大!

海外オフショア籍の積立投資商品や保険商品の契約はIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店で行い、アフターサポートもIFAで受ける事になる。

しかし、「IFAは契約者と直接やり取りをしないので、紹介者・仲介会社を通す必要がある。」と説明している人がいるそうだ。

そんな事は全くなく、紹介者や仲介会社が必要なIFAは選択すべきではない。

オフショア籍の海外金融商品を紹介者・仲介者を介して契約すると投資難民となる可能性が高いので要注意!

オフショア籍の海外金融商品は、IFAが契約やサポートを請け負う事になる。

プロバイダー(保険会社) – IFA(正規代理店) – クライアント(顧客)

このような流れになるのだが、何故かIFAとクライアントの間に紹介者や仲介会社を挟まないと契約できないIFAがあるそうだ。

そうした紹介者や仲介会社は「誰に紹介・仲介してもらうかが重要!」と解説するそうだが、自分が選ばれなければ紹介・仲介業を行っている意味がないからそう言っているだけである。

海外オフショア籍の金融商品は日本の金融庁に登録されていないので、営業や勧誘などの取引行為は禁止されているので、こうした紹介者・仲介会社は違法行為を働いている事になる。

販売側が規制されているだけで購入すること自体は問題ないのだが、わざわざ違法行為を働いている人や会社を介して契約する理由はない。

紹介者や仲介会社は、金融庁から業務停止処分などを通告を受けると活動が出来なくなる。

すると、紹介者や仲介会社を介して契約した人たちはサポートが受けられなくなり、オフショア投資難民となってしまうのだ。

金融庁からの通告は関係なく、長期契約になるオフショア金融商品のサポートをやり遂げられる紹介者・仲介会社はそもそもほとんど存在しない。

多くの場合は契約後数年で紹介者・仲介会社と連絡が取れなくなるので、同じようにオフショア投資難民となってしまうのだ。

これが末路である。

 

良い商品を契約していても、サポートが受けられないのであれば満期まで契約を維持する事は難しくなる。

先ず、いつまでサポートしてくれるか分からない紹介者・仲介会社の選択は重要ではなく、紹介者・仲介会社は不要な存在だという事を認識する必要がある。

そして、正しくは自社で契約からアフターサポートまでをしっかりと行ってくれる正規代理店(IFA)の選定が重要となってくる。

IFAによっては紹介者・仲介会社を挟まないと契約ができないところも確かにあるようだが、法的問題を理解していなかったりアフターサポートを丸投げするようなIFAを選択する理由はない。

クライアントと直接向き合わず、責任感もないIFAを選ぶべきではない。

 

海外オフショアには日本にはないメリットを持った金融商品が存在する。

だが、金融商品が故に長期契約となるので、アフターサポートがとても重要になってくる。

日本国内にはIFA(正規代理店)は存在しないが、日本人スタッフがいて日本人の受入れ実績やサポート経験が豊富なIFAを選択しておけば問題ないだろう。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店(IFA)の選定でお悩みの方はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link