海外積立オフショア投資で適正なIFA(正規代理店)の判断基準とは?現地国/地域の金融庁や保険当局への登録状況やサポート体制を要確認!

2022/7/22(金)-23(土)in東京
オフショア投資相談会開催!
相談希望者はここをクリック!


このIFA(Independent Financial Adviser)は契約するのに適正ですか?と言った質問が度々やってくる。

海外積立等のオフショア投資商品の契約窓口やアフターサポートを担当する機関であるIFA、適正かどうかを見分けるポイントをご紹介したい。

海外積立商品等のオフショア金融商品の契約はIFAとダイレクトに繋がるのが原理原則で最重要ポイント!

適正なIFAの判断基準、絶対に抑えておいておくべき2つのポイントをご紹介したい。

先ずは、そのIFAが現地の金融庁や保険業を管理監督する当局に登録されているかどうか。

例えば香港であれば、香港の金融庁であるSFC(Securities & Futures Commission of Hong Kong、通称SFC)や保険業監管局(Insurance Authority)への登録の確認である。

こうした機関に登録していないのに、あたかもIFAのように装っている会社もあったりする。

だが、そうした会社は単なる紹介会社であったりするのでIFAとは言えないし、結局はその上でどこかのIFAと繋がっていたりする。

直接IFAと繋がっていないと責任の所在がどこにあるのかが曖昧になる。

また、関わる人が多ければ多いほど情報が間違って伝わったり無駄なコストがかかったりとデメリットが増えていくばかりだ。

2つ目のポイントは、そのIFAが責任を持ってアフターサポートを行ってくれるかどうかである。

海外積立などのオフショア投資商品、日本市場ではMLM(マルチレベルマーケット)やねずみ講のようなネットワークビジネスの形を取って販売しているIFAもあったりする。

そもそも、そうした流れで契約すると商品概要が正しく伝わっていなかったりするが、アフターサポートも杜撰なケースが多い。

紹介者が商品説明やアフターサポートを行うのでプロではないのである。

アフターサポートという大事な業務を丸投げしてクライアントと直に向き合わないIFAは信用できないだろう。

長期投資となるオフショア投資商品、自社で責任持ってサポートしてくれるIFAでないと満期まで契約を維持する事は困難だ。

 

こうした話は何度も書いているので、私のブログをいつも読んでくれている方は理解していると思うが、実は相談メールをくれる方のほとんどが既にどこかのIFAと契約していたりする。

契約後に自分の契約方法やIFAは大丈夫かな?と思って相談をしてくるのだろうが、そういった疑問を持つという事は問題がある契約をしている可能性が高い。

IFAは変更(移管)する事も可能だが、変更できるかどうかは変更後のIFAが受け入れてくれるかどうかの審査がある。

なので、新規契約時に原理原則に基づいてIFAを選定すべきだが、新規契約時に私のブログを見つけてくれる事を祈るばかりである。

 

⇒ ご質問やご相談、IFA選定でお悩みの方はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link