HSBC香港の口座開設や凍結・休眠解除、自分でできないなら有料サポートを利用するしかない!

HSBC香港の口座開設、金融に関するある程度のテクニカルターム(専門用語)を含む英会話や必要書類が整っていれば、可能と言える。

(それでも口座開設の理由などを真っ当に答えないとNGになるケースがある。)

逆に、英語や専門的なやりとりに自信がない人は、自力での口座開設は困難なので有料サポートを受けるしかない。

HSBC口座開設や休眠・凍結解除、自分自身でできないのに無料で対処するには無理がある!

HSBC香港の口座開設は年々ハードルが上がっていて、いくら英語が堪能でも、そして完璧に書類を整えていても、断れる時は断られる。

日本人は口座を開設しても放置している人が多いので、行員に良く思われていない事も理由としてあるようだ。

なので、しっかりと行員とコミュニケーションを取り、口座が必要な理由を説明する必要がある。

こうしたこと、日本から渡航して簡単に出来る訳ではない。

状況によっては、コネクションやごり押しが必要になるケースもあるだろう。

こうした状況に対処する為には、現地の情報に精通した優良な会社で有料でサービスを受けるしかない。

今のHSBC香港の状況を見れば、必要経費と考えなくてはならない。

同様に、HSBC香港の口座が休眠や凍結となった時も同様だ。

自力で解除できればいいば、休眠や凍結になった理由や状況・状態により、対応方法は千差万別。

多くのケースで香港に渡航しなければならないが、香港の窓口で力なく何もできなければ、時間も渡航費も無駄になる。

HSBC香港の口座を復活させたい人も、それは必要経費と思い、有料サポートを受ける方が賢明だ。

段々と作り辛くなっているHSBC香港の銀行口座。

出来る時に作っておいた方が良く、せっかく作ったHSBC香港の口座、休眠や凍結にならないように、一年に一度は資金を移動させるようにしておこう。

 

ご質問等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link