資産移転での資産保全・資産運用はサンライフ香港などのオフショア保険・RL360等の海外積立投資・HSBC香港の銀行口座の3点セット!

日本に余裕資金を貯め込んでいても資産価値が上がることはなく、リスクばかりが増えていくと考えている人は多い。

そうした人が活用できるのが海外オフショアの金融商品であるが、保険商品と積立商品、そして銀行口座開設が3点セットと言われていたりする。

海外オフショア投資は契約できるうちに、なるべく早めに行動するのが鉄則!

日本の政治や経済、人口動態から日本・日本円リスクが今後増していくと思っている人が増えているように感じる。

そうした人は海外への資産移転について考える。

海外の安全な場所に資産を移すことで資産が守られるという訳だ。

そして、海外には日本とは比較にならないような利回りの金融商品もあり、資産保全しながら資産価値を向上させていけるというメリットもある。

だが、海外に資産を移転させる事は簡単ではない。

出来るうちに行っておくのが鉄則であるが、一気に、もしくは短期間で海外に資産を移したければ、サンライフ香港社などが提供している保険商品を活用するのが良いと思う。

一括や5年、10年払いなどが可能な商品である。

生命保険、貯蓄型保険などがあるが、4%程度の利回りで運用されていくので、自分の考えに合致した商品を選んでいけば良いと思う。

一括などの短期間で資産移転させたものの、その後もビジネスなどで日本円の余裕資金ができる人はRL360°などの海外オフショアの積立投資商品を契約して、コツコツと資産移転させて日本円リスクから解放させている人が多いようだ。

先ずは今ある日本円を海外に資産移転させて、その後もコツコツと定期的に資産を海外に移転させるという戦略だ。

富裕層の余裕資金の資産保全/キャピタルフライト方法はサンライフ香港一括&RL360°海外積立投資の組み合わせが多いように感じる!

日本円リスクを考慮して海外に資産移転させてお金、日本に一気に戻す事は得策ではないだろう。

資産移転させた金融商品の着金先としてHSBC香港などの海外オフショアの銀行を開設している人も多い。

着金先としてだけでなく、保険・積立の契約後にまだ余裕資金があれば、香港に渡航して資産を預け入れる人もいる。

ハブ銀行として金融商品の支払いも可能であり、香港に限らず、ビジネスや旅行でどこか海外に渡航した時に現地ATMから現地通貨を引き出す為に活用する事もできる。

もちろん、日本円を引き出す事も可能。

このように余裕資金があり日本円リスクを懸念している人は、海外オフショアの金融商品(保険・積立)と銀行口座によってリスク回避している人が多い。

これをオフショア投資の3点セットと呼ぶ人もいる。

問題は海外の金融商品はいつまで日本居住の日本人を受け入れてくれるか分からない点にある。

だが一方で、早く契約すればそれだけ早く運用が回っていくというメリットがある。

こうした点から、興味あればなるべく早めに動いておいた方が良いと言える。

とは言え、コロナ禍の今は簡単に海外にはいけない。

コロナが起こる前に海外銀行の口座開設を考えていた人も予期せぬ出来事とは言え、早く口座開設しておけば良かったと後悔している人も多い。

パンデミックに襲われるとは誰も思っていなかったのだろうが、早く行動するのに越したことはない。

銀行口座とは異なり、サンライフ香港などのオフショア保険やRL360等の海外積立投資商品は日本にいながら契約可能である。

先ずはこうした商品の契約を行い、資産移転させることから進めていくべきだろう。

 

海外オフショアの金融商品の契約は、現地の金融庁や保険当局に登録されているIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店に直接連絡してお願いする事になる。

単に金融商品の契約をしてくれるだけでなく、資産移転方法について精通しているIFAを選定すべきである。

日本人スタッフがいるそうしたIFAも存在している。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link