海外オフショア積立投資を初期口座で一旦停止して他の商品を勧めるような人はIFA関係者ではない!

RL360°(旧ロイヤルロンドン)やInvestors Trust(インベスターズトラスト)、今では契約できないFriends Provident(フレンズプロビデント)やStandard Life(スタンダードライフ)などが提供するオフショア籍の積立投資プランには初期口座が設定されている。

その初期口座が終わるや否や積み立てを停止して、他の商品を勧める人がいるが、そうした人の口車に乗ってはいけない。

オフショア積立投資の初期口座だけで資産を増やす事はできない!

オフショア積立投資には積立当初18~24か月間の初期口座が設定されている。

そして、その初期口座が終わると貯蓄口座に移行する。

初期口座は手数料口座とも言える部分で、手数料のほとんどはこの初期口座から発生している。

貯蓄口座はその名の通り、貯蓄を進めていく口座である。

だが、この初期口座が終わった段階で積立停止を勧め、他の商品の契約を勧める人がいるようだが、そうした話は聞くべきではない。

初期口座は手数料口座となっているので、この初期口座だけを残していても資産は増えない。

せっかく積み立てた金額が手数料として徴収されていくばかりである。

貯蓄口座こそが資産を増やしていく口座なのである!

初期口座後に積立停止させたがる人は、他商品の契約をさせる事が目的なだけであり、契約者の事は全く考えていない。

そうした人とは距離を取った方が良いだろう。

オフショア積立投資を契約する際に、しっかりと手数料を含めた商品概要を聞いていても理解が難しい部分かもしれないが、契約後も商品概要をしっかりと説明してくれるIFAと契約していないと痛い目に遭う。

初期口座だけで積立を停止して別の商品を勧めてくるような人はIFA関係者ではない。

商品理解が出来ていないのでIFAである訳がなく、そのような事を続けていたら、その人は業界から干されてしまう事だろう。

 

☆ご質問等はこちらから。

☆海外オフショア投資の勉強会・セミナーやってます。詳細はこちらから!

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link