学資保険は赤ちゃんの頃にスタートするなら貯蓄型生命保険、小学校入学後ならばオフショア積立やサンライフコミットメント等がお勧め!

海外にも学資保険があるが、学資保険に入るよりも貯蓄型生命保険や他の金融商品に加入して代替した方が良い。

その理由とは?

学資保険はトータルバランスで選ぶべし!

日本国内の学資保険は利回りが低い。

学資保険に限った話ではないが、日本の保険会社などの金融機関が提供している金融商品は1%程度の利回りが出れば良い方だ。

日本の金融機関は超低金利の日本国債を購入させられているので仕方ない。

それでも、お子さんの将来を思って学資保険を契約したいと思い、海外に目を向ける人もいたりする。

海外にも学資保険があり、日本の学資保険よりも利回りが良いのだが、縛りがあるので他の金融商品で代替した方が良いと思う。

と言うのも、海外の学資保険は日本の学資保険よりも利回り良く4%程度で回っているのだが、これは他の海外の金融商品、例えば貯蓄型生命保険等と同じくらいである。

学資保険と言えど18歳以降も契約が継続できる貯蓄性のある商品もあるが、ならば純粋に貯蓄型生命保険に加入しておいた方がバランスが良い。

貯蓄型生命保険は一時引き出しができるので、教育費用が必要になった段階でその分を引き出せば良いという戦略が取れる。

貯蓄型生命保険の損益分岐点は契約から12~3年後になるので、お子さんが就学前くらいでの年齢での契約であれば、貯蓄型生命保険がお勧めできる。

お子さんが就学後、小学校入学後となると、貯蓄型生命保険だと大学用の教育費の為には運用期間が少々足りなくなってくる。

ならば、Savings Planと呼ばれる積立投資商品や支払期間や満期のタイミングが選べるサンライフ社のコミットメントのような商品を選択する方法もある。

学資保険が必要で準備しなくてはならないは分かるが、学資保険専用ではなく、トータルで考えてフレキシブルに対応できる金融商品を選択した方が良いのではないかと思う。

ご予算や将来的な必要と思われる金額、お子さんの年齢など、個々によって状況は異なってくる。

もちろん、考え方も色々だ。

そうした個々の状況に対応してプランニングしていく事が重要である。

海外の金融商品はIFAと呼ばれる正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になるので、こうした相談は直接IFAに連絡して自分に合った商品やプランを相談してみるのが一番良い。

シミュレーションしてもらって数字を見た方が理解もしやすいはずである。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link