サンライフ香港やFTLife、パシフィックライフやパンアメリカンライフなどのシミュレーションは正規代理店IFAに直接お願いしよう!

オフショア

海外には、日本とは違い利回りが良く魅力的な保険商品があると知っている人は知っている。

具体的にどれくらいの差があるかは、正規代理店でシミュレーションをしてもらえれば分かるはずだ。

海外オフショア籍の保険商品は正規代理店=IFAで自分の考えや予算に合致した商品を相談しながら決めていこう!

一口に保険商品と言っても幾つかのカテゴリーがある。

生命保険を思い浮かべる人が多いかもしれないが、学資保険や貯蓄性保険、年金保険など様々だ。

どの保険商品に興味を持つかは人それぞれであるし、予算も異なる事だろう。

自分自身の考えや予算に対して、どの商品をどのように契約するかなどはIFA(Independet Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店に直接連絡して相談しながら決めていけばよい。

IFAは契約後のサポートも担当する組織になるので、アフターサポートがどのように行われるかもヒヤリングしながらIFAについても選定していく必要がある。

冒頭に書いたように、海外の保険商品は日本の保険商品とは利回りが異なる事はIFAにシミュレーションをしてもらう事で把握できる。

例えば、生命保険であればサンライフ香港のLife BrillianceやFTLifeのOn Your Mindなどの貯蓄型保険商品などはある程度パッケージ化されたプランになっているが、死亡保障額も解約返戻金も契約後に右肩上がりで増えていくので長生きリスクに対応している事が分かる。

それでも、契約年齢や性別、喫煙状況などによりシミュレーションは異なってくるので、契約に興味があれば個人の情報に沿ったシミュレーションをお願いして確認をする必要がある。

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!
海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。
FTLife社の生命保険On Your Mind!現役時代は死亡保障が厚く将来的に保険証券を担保に融資で年金受け取り可能だが借り入れなので非課税!
FTLife社の生命保険商品On Your Mindのシミュレーションや商品概要をまとめてみた。現役時代は死亡保障を厚めに、将来的には保険証券(死亡保険金額)を担保に融資で資金を引き出せるのが特徴的な商品。融資なので借り入れとなり、課税対象とはならない。

また、パシフィックライフやパンアメリカンライフなどが提供しているインデックス型ユニバーサルライフは運用をどのように行うかも含めて決めていくので、細かな設定が必要になってくる。

やはり、IFAと相談しながらどのような運用パターンで契約するかを決めなくてはならない。

Pan American LifeパンアメリカンライフINDEX連動型ユニバーサルライフ等で採用のInterest rate cap and floor金利キャップ・フロアとは?
Pan American Life(パンアメリカンライフ)INDEX連動型ユニバーサルライフ等で採用のInterest rate cap and floor金利キャップ・フロアとはどのような仕組みなのだろうか?毎年、正規代理店と調整しながら進めていくべき商品である。

生命保険ではなく、サンライフ香港などが提供している貯蓄性を重視した保険商品の場合でも、シミュレーションを見れば資産がどのように増加していくかが分かりやすい。

サンライフ香港SunJoy Global(サンジョイグローバル)の商品概要や特徴/評価まとめ!運用利回り約7%の貯蓄型保険商品で契約を推奨できる!
サンライフ香港社(Sun Life)の貯蓄型保険商品サンジョイグローバル(SunJoy Global)の商品概要や特徴まとめ。利回り約7%で運用される商品で運用効率が良いだけでなく、契約者や被保険者の変更や証券分割が可能なので資産承継にも適した商品と言える。

私が言わずとも、保険商品を契約する際にはシミュレーションを確認すると思う。

その段階で日本の保険商品との差に必然的に気付く。

これこそが日本と世界の金融格差と言える。

ポイントは正規代理店であるIFAに直接連絡して、シミュレーションや契約内容だけでなくサポート力も確認してから契約する点にある。

海外にある保険会社の商品は、日本の個人や会社が正規代理店(IFA)には成り得ない。

海外にある正規代理店=IFAに直接連絡して契約する事になるのだ。

だが、海外にあるIFAと言えど日本人スタッフがいるIFAもあり、そうしたIFAで日本人の受け入れやサポート実績が豊富なところを選んでおけば間違いない。

更に言えば、香港やアメリカなど多くの保険会社と提携しているIFAを選定した方が良いだろう。

日本人を受け入れている海外の保険会社は限定されるのだが、それでも選択肢は広がるし、そのIFAの経営も安定しているはずだからだ。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店(IFA)の選定でお悩みの方はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました