祖父母が契約者、孫が被保険者で生命保険や学資保険を購入できる?相続対策で海外オフショアの金融商品を活用する人も少なくない!

2021年8月9日(月/祝)-13日(金)in愛知、オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はここをクリック!

おじいちゃん、おばあちゃんは可愛いお孫さんの為に何かをしてあげたいと思うはず。

そんな考えから、お孫さんの為に保険をかけてあげたいと考える人も少なくないようだ。

祖父母が契約者でお孫さんを被保険者にして保険を契約する事は可能!

日本でも海外でも、祖父母が契約者でお孫さんを被保険者にして保険を契約する事は可能である。

純粋にお子さんの為にというだけでなく、保険を活用しての相続対策や贈与を考える人もいる。

ただし、そうした契約の場合、祖父母の年齢や健康状態、資産状況のチェックが厳しくなる。

日本の保険の方が海外の保険よりも条件が厳しい事が一般的であり、保険会社によっては親(父母)の同意や孫との同居状況や孫を扶養している証明が必要になってくる事もある。

祖父母を契約者にしてお孫さんを被保険者にする事が拒否された場合、贈与税の範囲内で両親にお金を渡し、両親を契約者にして保険を契約する事も可能ではある。

こうした契約ができるのは良いのだが、納得できる保険商品・金融商品があるかどうかも考えなくてはならない。

日本の生命保険や学資保険でまともな利回りが出る商品はほとんどない。

学資保険に至ってはマイナスになるケースもあったりする。

国内の保険会社が利回りが出ない商品を提供しながらやっていけるのは、こうした祖父母の気持ちを上手く利用して、お孫さんの為に保険をかけておいた方が良いですよ?と甘い言葉で誘っているのではないかと感じる。

もちろん、利回りが出ないような金融商品を契約すべきではないし、お孫さんにとっても喜ばしいものではない。

変な商品を契約して、後々お子さん(お孫さんの両親)に怒られてしまったら悲しいだけである。

一方、海外では利回り良く運用される保険商品が存在する。

学資保険でも利回り4%程度で運用される商品がある。

商品の特性上、学資保険の場合は引き出しタイミングが決まってきてしまうが、例えば生命保険や貯蓄性保険などそうではない商品の場合、長く証券を維持できればできるほど、それだけ複利運用によって資産が大きく増えていく。

そうした商品で学資保険の代用をする人もいる。

長く証券を維持すると言う意味では、お孫さんが若ければ若い時に契約すれば、それだけ複利効果が効いてくるので証券の価値が上がり、資産が増えていく。

生まれて直ぐの段階で保険を契約される方もいるが、そのタイミングが最も安く保険に加入できて資産価値も増やしていけるお勧めのタイミングと言える。

ほぼ利回りがない日本の金融商品と4%程度で運用される海外の金融商品、期間が長ければ長いほど、複利運用によってその差はどんどん大きくなっていくのである。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

☆ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link