海外居住の日本人がオフショア投資を契約する際はどこの国に引っ越してもサポートを継続してくれる正規代理店(IFA)を選定すべし!

海外の保険会社は日本居住の日本人の受け入れをしていないところが多い。

だが、同じ日本人でも海外になると扱いが少々異なってくる。

海外に居住していることで同じ日本人でも資産運用を行うのが有利になってくるのだが、それを成功させる為には海外居住の日本人に対してもサポートをしっかりと行ってくれる正規代理店を選定する事が重要になってくる。

現在在住している国ではもちろんだが、他国へ引っ越し・移住してもサポートを継続してくれる正規代理店を選定すべし!

オフショア投資の契約は、国籍と居住地の証明書を提出しなくてはならない。

国籍の証明はパスポートとなり、居住地は運転免許証や銀行のステイトメント、公共料金の郵送物等が必要となってくる。

即ち、同じ日本人が日本のパスポートを提出してオフショア投資の契約をするのでも、居住地によって取り扱いが異なってくる。

日本の住所では契約不可でもあっても海外の住所では契約可能であったり、契約方法が異なってきたりする。

ほとんどの場合、海外に住所があった方が有利に働く。

海外居住の日本人はその優位性をフルに活用すべきであるが、その際に重要になってくるのはIFA(Independent financial Adviser)と呼ばれる正規代理店のサポート力となる。

自分がどの商品に合致していて、どのように契約すれば良いかと言った契約時のサポートはもちろんであるが、長期契約となるオフショア投資は契約後のアフターサポートもとても重要になってくる。

その為、海外オフショア投資は商品選定よりも正規代理店の選定の方が重要であると言われたりする。

海外居住の日本人であれば、現在居住している国での契約方法などを把握している事はもちろんだが、将来的なサポート力も見極めて正規代理店を選定しなくてはならない。

現在居住している国に生涯居住するのであれば、その国に居住していてもしっかりとサポートしてくれる事。

また、将来的に日本へ帰国予定があったり他国へ引っ越したり移住する予定があるのであれば、そうした国に引っ越した後もサポートを継続してくれなくてはならない。

このように考えると、要はどの国に住んでいても契約後もサポートを継続してくれる正規代理店を選定しなくてはならないのだ。

日本居住の日本人だけを受け入れている正規代理店は論外だが、多くの国に日本人クライアントがいる正規代理店を選ぶべきである。

日本人に限らず、多くの国で多くの国籍のクライアントがいる正規代理店であれば、その国に住んでいる人へのサポート方法が分かっていると言えるので、ベストな選択と言える。

 

*ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link