海外積立・オフショア積立投資商品の支払いを短期間で終えたいのであれば保険を選んだ方が良いと思う。

RL360°(アールエルシックスティ、旧名ロイヤルロンドン)やInvestors Trust Assurance SPC(インベスターズトラスト)などのSavaings Plan(セービングスプラン)、所謂、海外積立・オフショア積立と呼ばれる金融商品を短期間で契約したがる人もいるようだが、それって積立の意味はあるの?と思えてくる。

短期間で支払いを終わらせたければ、保険を契約すれば良いのでは?

積立投資は、時間をかけて毎月一定額の金額を拠出する事でドルコスト平均法を活用してリスクを分散できる金融商品である。

海外積立・オフショア積立であれば、時間だけでなく投資場所も分散できるメリットがある。

日本人の契約を受け付けている保険会社の積立投資商品としてRL360°のRegular Savings Plan(RSP)やインベスターズトラストのEvolution(エボリューション)などがあるが、こうした商品の契約で、短期間で支払いを終わらせたいと考えている人がいる。

だが、それって積立の意味あるの?と思えてくる。

海外積立・オフショア積立で分散投資のメリットを享受しようと思うのであれば、少なくても10年以上の積立期間で契約した方が良いだろう。

(RL360°やインベスターズトラストの積立投資商品を長期契約させておいて、初期口座期間である2年間経過後に積立をストップしても大丈夫と言っている人もいるようだが、そんな事をするのは論外。
お金が貯まるどころか、手数料でどんどん時価総額が目減りしていくだけである。
商品概要を正しく説明しない人に出会ってしまったら、直ぐにそうした人から距離を置かなくてはならない。)

仮に短期間で資産フライトをしたいというのであれば、そうした商品を選択すれば良いだけである。

コロナウイルスに対する日本政府の動きを見ていて、日本経済・日本円に対する不安が増し、資産防衛の為に資産フライトをしたい人が増えているように感じる。

海外オフショア投資と言っても積立投資商品だけでなく、一括で資産フライトできる商品もあるし、商品によっては2年、5年、10年などの年払いができる商品もある。

こうした多くの商品が年率4%程度の利回りで運用されている。

短期で支払って運用を長期にすれば、複利運用の恩恵を受けられて、資産価値は増大していく。

積立投資が良いのか、一括や短期間で支払える商品が良いのか、自分の考えに合った商品が何かで悩む方もいるようだが、積立や一括の投資商品を多く扱っている正規代理店に直接問い合わせて聞いてみれば良いはずだ。


⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。



★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link