企業

日本経済の中で、企業はどのように生き残っていけばいいのかの考察。企業活動をする上で日本と海外の比較や、個人として国や企業とどう接して、どう活用すればいいかを書き綴っている。

オフショア

2024年版 世界で最も持続可能な100社にSun Life Financial Inc.(サンライフファイナンシャル)が15年連続ランクイン!日本の保険会社は?

2024年版「世界で最も持続可能な100社」が発表になった。日本からは3社がランキングされているが、保険会社などの金融業の名前はない。一方、サンライフファイナンシャルは15年連続でランクインしており、保険会社としての信頼性が高い事が分かる。
オフショア

法人の海外資産移転(キャピタルフライト)の為に一括や短期間で支払いが終えられるオフショア籍の保険会社が提供する金融商品はある?

日本円リスクから海外に資産を移転させたい人が増えているが、法人の内部留保金を資産移転させて資産保全したいと考える経営者も増えているようだ。海外の金融商品を活用した資産移転はとても有用であるが、法人で契約できる商品にはどのようなものがあるだろうか?
企業

法人経営者で役員退職金の準備を考えている方は海外の生命保険を検討してみては?現在、そして将来的な資産保全・資産防衛も可能!

法人経営者で役員退職金の準備を考えている人もいる事だろう。日本の保険会社は損金ばかりに注目させるかもしれないが、利回りが低い商品しかない。海外を活用すれば利回り良く、資産移転によって資産保全が出来ると言うメリットも生まれてくる。
企業

役員退職金積み立てするなら海外生命保険を活用した方が良いのでは?利回りに優れ、もしもの時にも対応でき資産保全も可能!

小規模企業共済制度や国内生命保険会社が提案するプランで役員退職金積み立てを考えている中小企業経営者がいると思うが、海外生命保険を活用してはどうだろうか?退職金構築ともしもの時の対応が両立できるだけでなく、資産移転・資産保全も可能となる。
企業

中小企業の役員退職金を海外生命保険等のオフショア金融商品で構築している経営者も少なくない!損金算入×運用利回りの両方を考えられる!

役員退職金について損金算入できるメリットは理解しつつ、退職金を捻出する為の良い商品・方法が見当たらず、頭を悩ませている中小企業の経営者は多いと思う。利回りの良い海外の金融商品を活用している経営者も少なくない。
企業

海外オフショアの生命保険は法人でも契約できる!資産移転・保全、役員退職金など福利厚生での活用、損金算入での節税などのメリット有り!

海外オフショアの生命保険も日本国内の生命保険と同様に法人で契約する事も可能である。 海外オフショアの生命保険を法人契約する人はどのような使い方をしているのだろうか?
企業

株価評価額が高い非上場会社オーナーの相続税対策で流動性のある資産が少ない時に海外生命保険プライベートバンクを活用するケースとは?

流動性のある資産の割合が低く、相続に頭を悩ませている非上場会社のオーナーがいる一方で、海外の生命保険やプライベートバンクを活用して対処している人も多い。海外の金融商品を上手く使って事業や資産を継承していってもらいたい。
企業

国・政府だけでなく企業も信用できない!?終身雇用が崩壊する時代がやってくる!

トヨタ自動車トップや経団連の会長が終身雇用を守るのは困難だと発言している。大企業に勤めていれば安心と言える時代ではなくなった。国・政府を信用してはいけないというが、大企業であっても自分を守ってくれる事はないのである。
企業

香港の実業家が日本の温泉付きホテルを買収したがっている!

中国や香港の資産家で日本の不動産を狙っている人は多い。 中国では土地は国のものであり個人で所有できないので、不動産を持つ事への憧れが強いようだ。 富士山が見える場所など、景観が良い場所の人気が高くなっている。 もちろん、利回りが良かったり、...
オフショア

仕事もオフショア投資も伝言ゲームになると情報が早く正しく伝わらず責任の所在も曖昧となる!紹介者は不要!

仕事で多くの人が介在して情報が早くスムーズに伝わらずにイライラした経験はないだろうか?伝言ゲームのようになって仕事が遅くなり責任の所在が曖昧になる事も多い。オフショア投資でも紹介者を介在して同じような問題が発生する事が多々ある。