IFA

オフショア

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品の年利・利回りは?

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品Quantum(クォンタム)、気になるのは年利や利回りだろうか? 積立型の投資信託商品なので、数字が確定している訳ではない。
オフショア

フレンズプロビデントはサポートに不満があればIFA移管も可能!

フレンズプロビデントが日本居住の日本人の新規契約を打ち切ってからちょうど3年が経った。日本人にとってはお宝金融商品となったわけだが、紹介者と連絡が取れないと悩んでいる人も多い。サポート力のあるIFAに移管してお世話になることをおススメしたい。
オフショア

RL360°(ロイヤルロンドン360°)Quantum(クォンタム)の実績は?

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)はただ単に海外で資産運用が行えるだけでなく、10種類までファンドを選択でき、分散投資が行えるのが大きな特徴である。ファンド選択は自分で行うこともできるが、IFAにお任せすることも可能だ。
オフショア

オフショア投資で詐欺商品かどうかを判別する方法とは?

オフショア投資が有益であると知っても、その商品が詐欺ではないかと疑問に持つ人は少なくない。詐欺に合わないためにはどうすればいいだろうか?そのポイントは、商品や代理店が認可されたものかどうかを調べることにある。
オフショア

香港籍スタンダードライフ(Standard Life)新商品発売情報は?

スタンダードライフのハーベストシリーズ、2014年1月1日に販売停止になって、2015年1月1日に新商品が販売開始されるのではないかと言われていたが、上期には発売されなかった。購入者視点で考えれば、香港籍でない別の商品で代替は可能である。
オフショア

日本居住日本人が購入可能なオフショア投資商品の登録地と法律

日本人が契約可能なオフショア積立投資商品の登録地とその法律についてまとめてみた。日本人がオフショア投資商品を購入するには、各々の登録地の法律と日本の法律の両方が関与することになる。両方の法律に詳しいIFAを選択しなくてはならない。
オフショア

契約しているIFAの名前を忘れさせないこともサポートの一つ?

オフショア投資では販売代理店であるIFAと契約を結ぶ。問題なく投資を行えていれば何の問題もないが、問題が起こった際に連絡するのがIFA。しかし、自分が契約しているIFAの名前が直ぐに出てこない人もいる。しっかりとしたサポートを受けられるのだろうか?
オフショア

フレンズプロビデント譲渡証券売買の注意点とその価値は?

フレンズプロビデントは第3者への譲渡が可能である。知り合いからIFAも紹介されて、自分のライフプランニングと合致すれば、譲渡に大きな問題は生じないと思う。しかし、見知らぬ第3者から譲渡を勧められた場合には、業法含めてチェックすべき項目が多い。
オフショア

オフショア積立投資の通貨は何がベスト?米ドルか?日本円か?

オフショア積立投資は積み立てる通貨を選択することができる。選択すべき通貨は何がベストかと言えば米ドルだろう。世界の基軸通貨であることや、ファンドが米ドル建てで運用されていることを考えれば米ドルを選択すべきだ。
オフショア

【オフショア金融商品】紹介者がいないとIFAと契約できない?

オフショア金融商品は販売代理店であるIFAを介して行うが、その間に紹介者が必要と思っている人がいる。IFAとの契約は紹介者は必須ではなく直接契約が可能。紹介者が必要なIFAもあるかもしれないが、それを含めて直接IFAに問い合わせてみれば良い。