社会保障

租税負担率+社会保障負担率=国民負担率を世界比較すると北欧レベルの日本!単なる支払いと考えるかリターンのある貯蓄と思えるか…

給与水準は変わらない中で物価高が進む日本。更には税金や社会保障費は上がっていき可処分所得は減り続けている。国民負担率(租税負担率+社会保障負担率)を見ると北欧レベルだが、社会保障制度が充実している北欧ではこうした負担は貯蓄の一部と考えているようだ。
日本社会

2月14日はバレンタインデーだが…イケメンの日や自動車保険の日でもある!そして語呂に合わせて○○○○の日!

2月14日はバレンタインデーであるが、日本で初めて自動車保険の営業認可が認可された日で「自動車保険の日」となっているらしい。また214の語呂に合わせて「○○○○の日」でもある。語呂に合わせたこの記念日が一番心に刺さる。
宝くじ

令和6年(2024年)バレンタインジャンボ宝くじの当選確率や期待値は?博打にお金を投じるのであれば自己投資に使った方が良いでしょう!

令和6年(2024年)のバレンタインジャンボ宝くじの当選確率や期待値を算出。「宝くじは愚か者に課せられた税金」と揶揄される通り博打である。宝くじにお金を投じるのであれば、自己研鑽など自分自身の為にお金を使った方が人生が有意義になるはずだ。
日本経済

海外オフショア籍の投資商品・保険商品を活用すべきかどうかの判断基準とは?日本で日本円を貯め込んでいてもリスクが増すばかり!

新NISA制度などを活用して日本国内で投資を行うのか、海外オフショア籍の投資商品・保険商品を活用すべきかの判断基準を教えてほしいと質問がくる。日本・日本円が抱えるリスクを少しでも感じているのなら、余裕資金は海外で資産保全・資産運用すべきと言える。
NISA&iDeCo

新NISAなど日本国内で自分自身で投資を行い直接所有するよりも、海外の価値が上がる場所や方法で間接保有した方が資産保全される!

「貯蓄から投資へ」と言ったキャッチフレーズや新NISA制度に流されて自分自身で市場と直接戦おうとしている人がいるが簡単な事ではない。海外の利回りが高い保険商品を活用して間接保有した方が資産は保全され、資産価値向上を達成できる可能性は高い。
NISA&iDeCo

日本国内での預貯金は銀行法の下にあり新NISAや不動産投資も政府のコントロール下にある!リスクヘッジは国境を超えた対策が必要だ!

日本・日本円リスクへのヘッジとして日本の銀行や証券会社、保険会社で外貨預金や金融商品を購入したり、国内で不動産投資を行う人がいるが、新NISA含めて日本国内での対策は全て日本政府のコントロール下にありヘッジとならない。国境を越えた対策が必要。
健康

2月5日は笑顔の日!投資・資産運用も大事だが明るく笑って健康的に人生を謳歌しよう!

2月5日は笑顔の日。今現在や将来の為にお金の事を考えるのはもちろん重要だが、それは人生を楽しむ為の手段の一つのはずだ。仕事・趣味・家族、人によって楽しみ方は様々だと思うが、毎日笑って過ごせる人生を謳歌していきたいものだ。
オフショア

サンライフ香港(Sun Life hk)の評価や評判は?生命保険/相続/配当/貯蓄性保険商品etc 信頼性の高いオフショア金融商品のプロバイダー!

オフショア籍の保険会社であるサンライフ香港(Sun Life hk)。歴史や格付け会社からの評価などを基に信頼性についてまとめてみた。また、どのような商品を提供しているのか?そうした商品に興味がある日本人はどのように行動すれば良いのか?についても解説してみた!
記念日

2月2日は承継を考える日!日本の社会課題である事業や資産を如何に上手く引き継ぐか、その方法を早めに検討しておこう!

2月2日は「承継を考える日」となっている。「承継(事業承継・資産承継)」は日本の社会課題となっているが、早め早めに検討して対応していく事が重要であろう。資産承継においては、日本国内のスキームだけだと解決困難なので、海外保険会社の活用をお勧めしたい。
新興国

アルツァフ共和国がすべての行政機関を解散させ消滅!?近年・21世紀にに無くなった国(政権崩壊)はあるのかどうかを調べたまとめ!

2024年1月1日、アルツァフ共和国がすべての行政機関を解散させ消滅した。近年、21世紀になってから国が無くなった例はどれほどあるのだろうか?そのほとんどが戦争・内紛が関わっていて、国が普通に存在する日本に住んでいる事自体が平和ボケだと感じてしまう。