海外オフショア投資はIFA・投資顧問の選択が全て!契約してはいけないのはこんなとこ!

海外オフショア投資は、商品選択以上にIFAの選択が重要!とは良く聞く話。

商品知識、法的知識、そしてサポート力があるIFAを選択すべきだが、逆にこうしたIFAとは付き合わない方が良い!と思う例を挙げてみたい。

1.サポートを他社に丸投げしているIFA

IFAは、海外オフショア投資を契約する際に購入のサポートをしてくれる代理店であるが、それだけでなく、事後サポートまでを行う会社である。

しかし、中には契約時だけは面倒を見て、その後のサポートは外部に投げているIFAもある。

商品契約とサポート、分離させる理由があるのだろうか?

サポート力があるIFAを選ぶべきである。

2.アジアスをエイジアスと呼んでいるIFA・投資顧問会社

2016年にFTlifeに買収されたAgeas。

今ではFTlifeと名称も変更になったが、旧名のAgeasはアジアスと呼ぶ。

しかし、何故かエイジアスと呼んでいる会社もある。

商品知識がない会社といえるので、エイジアスと呼んでいる業者と付き合うべきではない。

3.他社批判をして自社に取り込もうしている業者

海外オフショア投資では、なぜか他社批判をして自社に誘導したがる業者が多い。

こうした業者がどこまでクライアントの事を思ってサポートをしてくれるのだろうか?と考えると疑問が生じる。

 

これらの事を逆に捉えると、商品知識、法的知識、そしてサポート力があるIFAを選ぶべきという答えが自然と出てくる。

また、IFAは直接契約すれば良いので、国内の投資顧問会社であったとしても、わざわざ間に契約を挟む理由が見つからない。

IFAは商品知識、法的知識、そしてサポート力がある会社と直接契約を結びましょう!

パッと思いついた例であり、今後も思いつけば付け加えていきたいと思う。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link