金融知識・金融教育

日本人は金融教育を受けた経験が乏しく金融知識が低いと言われる。どのようにしたら金融知識が付けられるかを考察する。諸外国との比較などで、日本人が国際社会で戦っていける知識を身につけてもらいたい。

日本社会

バブルを知らない20代は投資にイケイケどんどんで30~50代はリスクを恐れ過ぎ?投機ではなく時間を掛けた複利での資産運用を行おう!

若者は不景気が当たり前の時代に生まれ育ち「貯蓄より投資」を肌で感じている。若さ故に怖さも知らず投資よりも投機に興味を持ってしまう傾向にあるが、若者の特権である時間を使った複利運用の力を知ってもらいたい。日本の保険会社はその力を活用できていないのだが...
金融知識・金融教育

4月3日は資産形成を考える日!資産保全・防衛・移転・分散・運用も考えれば海外のSaving Planや保険商品は活用価値が大きい!

4月3日は語呂に合わせて「資産形成を考える日」となっている。日本国内で資産形成は行えるのだろうか?日本国内で資産形成を行う事は得策なのだろうか?と考えていくと、答えはYesではない。資産分散・防衛の点も含めて海外を活用する事をお勧めしたい。
金融知識・金融教育

時の流れは早いと言うから長期運用もあっという間?投資の基本を守ってリスクを低減させて資産価値向上に努めよう!

人生は短く、時が経つのは早い。年齢を重ねれば重ねるほど経験値が多くなり、時が経つのが早く感じるはずだ。こうした感覚は資産運用にも通ずる部分があると思う。資産運用の鉄則の一つに長期運用があるが、経験値を積んでいく事により途中で挫折しなくなる。
記念日

3月7日は家計の見直しの日!マクロな視点で資産全体を考えてみよう!

3月7日は「家計見直しの日」となっている。家計簿は月単位でチェックする人が多いと思うが、月単位のミクロな視点だけでなく、生涯に亘ってのライフプランとして、マクロな視点で資産の見直しまでを考えていくと人生の視点が変わってくると思う。
金融知識・金融教育

貯蓄から投資、FIRE等の言葉が流行っているがお金を一気にドーンと増やそうと考えるべきでない!資産運用は長期複利運用でゆっくりと!

貯蓄から投資やFIREといった言葉が流行っていて、短期間で資産を大きくしたがる人がいるがそれは困難だ。複利×長期運用により資産価値を高めていくのが原理原則なのだが、そうした事を行える金融商品が無いのが日本のデメリットと言える。
記念日

2月20日は夫婦円満の日!お金で揉めないようにお互いに資産運用の勉強をして金融リテラシーを高めよう!

2月20日は夫婦円満の日。夫婦が円満に過ごすポイントはそれぞれだと思うが、お金の切れ目が縁の切れ目にならないようにしてもらいたい。お互いの金融リテラシーを向上させ、子供にも金融教育が出来たら、代々お金には困らない家系となるはずだ。
NISA&iDeCo

新NISAなど日本国内で自分自身で投資を行い直接所有するよりも、海外の価値が上がる場所や方法で間接保有した方が資産保全される!

「貯蓄から投資へ」と言ったキャッチフレーズや新NISA制度に流されて自分自身で市場と直接戦おうとしている人がいるが簡単な事ではない。海外の利回りが高い保険商品を活用して間接保有した方が資産は保全され、資産価値向上を達成できる可能性は高い。
金融庁

うんこドリルと金融庁がコラボレーションしたファイナンシャル教育”うんこお金ドリル”!?男性はいつからおっぱいに興味が移るのだろうか?

金融庁とうんこドリルがコラボして「うんこお金ドリル」なる教材を出している。小学校低学年向けの教材で基礎の基礎といった感じの内容だ。子供はうんこ好きなのでうんこドリルが流行っているが、おっぱいドリルを作ったら、勉強する成人男性は増えるのだろうか?
金融知識・金融教育

投資の勉強はできる?海外の人は株式などを学びながらも利回り6~7%で運用される貯蓄型保険商品を契約して資産価値を向上させている!

投資の勉強をしている人は多い。その多くが株式やFX等で相場に立ち向かっているようだが、時間とお金を掛けて株式やFXで資産価値が上がるとは思えない。時間やお金を有効活用するには利回りの良い保険商品を活用した方が良いが、日本にはそんな商品は存在しない。
金融知識・金融教育

CAキャビンアテンダント客室乗務員からの資産運用相談案件!蓄えてきたお金を利回りの良い保険商品・金融商品に回したい!

花形職業とも言えるキャビンアテンダントだが長く続ける人が多くもなく、将来的な部分に不安を抱える人もいるようだ。コロナ禍で収入が減った事もあり、これまでの貯金額で将来を見据えて資産運用を考える人もいる。サンライフ香港の貯蓄型保険商品の契約がお勧めだ。