オフショア投資IFA移管のデメリットとは?RL360°、フレンズプロビデント、インベスターズトラストの正規代理店は変更できる!

2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月15,16日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

オフショア投資商品は、IFA(Independent Financial Advisor)に契約から事後サポートまでをお世話になる。

このIFAは途中で移管(変更)可能である。

オフショア投資IFAを変更する事でデメリットはある?

日本人はフレンズプロビデント(Friends Provident)、スタンダードライフ(Standard Life)、RL360°(旧名ロイヤルロンドン)、インベスターズトラスト(Investors Trust)などの商品を契約している人が多いと思う。

これらの商品、正規代理店であるIFAを通して契約しているはずだが、IFAのサポートに不満があったり、不安を感じた時にはIFAを移管(変更)する事も可能である。

酷いケースでは、間に紹介者などを挟んで契約していて、気付いた時には連絡が取れなくなってしまう事もある。

こうなったらIFAを移管するしかないが、移管は今契約しているIFAに連絡する必要はなく、新しくお世話になりたいIFAを見つけてきて、そのIFAに手続してもらえばいいので、今契約中のIFAに対して何かを気にする必要は全くない。

IFAの選定は金融や法律に長けていて、サポートレベルが高いところを選定すべきである。

IFAを移管する事によってデメリットがあるかと言えば、移管を何回も繰り返すとそのうちどのIFAも受け入れをしてくれなくなる点が上げられる。

移管の履歴は分かるので、チョロチョロと変更を繰り返すと受け入れ困難な客となってしまうのだ。

オフショア積立投資は長期的視野でコツコツと運用を行っていく商品であるが、短期的な利回りを気にする人がいたりする。

今成績が良いIFAに乗り移り、またそのIFAが成績が悪くなると次のIFAへ・・・と考える人がいるが、こうした行動はマイナスである。

IFAによって得意な局面、不得手な局面があり、長期的に見れば成績はそれほど変わらないはずだ。

今成績が悪いところは将来的にはプラスに転じる可能性が高く。逆に今成績が良いところはマイナスに転じる可能性がある。

短期的な利回りだけを追ってIFAの移管を繰り返したところで結果はプラスにはならず、そのうちどのIFAからも見向きされなくなってしまうのだ。

長期契約となるオフショア投資、IFAの選定は成績以上にサポートレベルの高い会社を選ぶのが鉄則と言える。

 

⇒ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください