長友佑都の生き方から5フラッグ理論を考える!日本居住の日本人でも資産運用を行う国は選択できる!

サッカー日本代表サイドバックの長友佑都選手。

長く海外でプレーしている選手だが、彼のツイッターを見ていて、ふと考えさせられるツイートがあった。

5フラッグ理論のうち資産運用を行う国はよく考えるべし!

2018年8月に起こったトルコリラ暴落、というか、2008年のリーマンショック以降下がり続けているトルコリラ。

長友選手は2011年にイタリアに渡りチェゼーナ、インテル・ミラノで活躍した後、2018年からトルコのガラタサライに移籍している。

トルコリラ暴落で心配している人たちに対するツイートなんだろうが、長友選手クラスになると敏腕の国際税理士かコンサルタントが付いていて、然るべきところ(税金の低い国や地域=タックスヘイブン)でオフショア法人を作り、給料をユーロでもらっているんだろうなと思った。

このツイートを見て、5フラッグ理論(5 Flags Theory)を実践しているのでは?とも思った。

5 フラッグ 理論とは、用途に分けて国を使い分ける考えの事である。

①国籍(パスポート)のある国
②住所(居住権・永住権・市民権)のある国
③ビジネスを行う国
④資産運用を行う国
⑤余暇を過ごす国

長友選手の場合、

①日本
②トルコorイタリア
③トルコ(法人はどこかのタックスヘイブン?)
④?
⑤世界中?

分からない部分もあるが、少なくとも、国籍がある国と住所のある国、ビジネスを行う国は日本、トルコ、イタリアで分けていると思うし、法人をどこに置いているかで更に活用してる国・地域が出てくるはずだ。

資産運用も日本やトルコで行っているはずがなく、スイスなのかどこか違うタックスヘイブンの地域を活用している事だろう。

長友選手は5フラッグ理論を知っていた訳ではなく、結果として世界を上手く活用しているのかもしれないが、欧州を中心に活躍し、引退後は世界中を旅しながらビジネスを行っていた中田英寿選手も5フラッグ理論を実践していると言われている。

世界でビジネスを行っているからこそ5フラッグ理論を実践できると只々羨ましく思っているだけの人がいるかもしれないが、5つ全て国を変えて実践できずとも1つだけでも実践すれば価値がある。

国籍を変えたり住所やビジネスを行う国を変える事は、今の仕事や家庭環境的に難しい人が多いかもしれないが、資産運用や余暇を過ごす国は変えられる。

特に、資産運用を行う国は日本に住んでいる以上、考えなくてはならないはずだ。

5フラッグ理論の中に「資産運用を行う国」が入っているという事は、資産運用を行うのに適切な国がありますよ!という事を意味する。

日本は金利も低く、人口減少・少子高齢化考えれば資産運用を行うのに適している国ではない。

日本にいながら資産運用を行う国を海外に変えるだけで、人生は豊かなものになっていく事だろう。

日本から金融立国である香港で資産運用を行っている日本人はたくさんいるのだ。

 

ご質問等はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください