海外積立投資商品/オフショア保険商品などは原理原則に基づいて海外にある正規代理店IFAに直接連絡する正規ルートで正しく契約しよう!

私へのブログへの問い合わせで、

「日本の●●という会社はオフショア投資の正規代理店ですか?」

「オフショア投資商品は紹介者経由でないと契約できないのですか?」といった質問が度々やってくる。

どちらの質問の回答も”No”である。

オフショア籍の金融商品や保険商品は海外にある正規代理店に直接連絡して、直接契約するのが原理原則の正規ルート!

オフショア籍で海外積立投資商品を提供しているRL360°やインベスターズトラスト、保険商品を提供しているサンライフ香港やFTLife、はたまたパシフィックライフやパンアメリカンライフなどは日本の金融庁に登録していない。

なので、金融商品取引法の観点から、日本国内での勧誘や営業などの取引行為は禁止されている。

つまりは、日本国内に正規代理店は存在しない。

FPであっても投資助言業者であっても、日本国内の会社が正規代理店には成り得ない。

興味があれば海外にあるIFA(Independent Financial Advisor)と呼ばれる正規代理店に直接問い合わせて契約するしかない。

IFAはアフターサポートも担当する事になるのだが、契約からアフターサポートまでを直接IFAにお世話になるのが正規ルートとなっているのだ。

海外にあるIFAと言えど、日本人スタッフがいるところもある。

日本人の受け入れやサポート実績が豊富な正規代理店を選択するのが重要なポイントと言えるだろう。

中には、日本国内で所謂「紹介者」「仲介者」と呼ばれる人が活動していて、彼らは「紹介者・仲介者経由で出ないとIFAには相手にされずに契約できない」と言っているようだが、もちろんそんな事はない。

そうしたIFAももちろんあるかもしれないが、IFAの業務である契約やサポートを紹介者や仲介者に丸投げし、クライアントと直接向き合おうとしないIFAなので、そうした視点からもそもそも契約にお勧めできない。

紹介者や仲介者は自身を通して契約してくれなければ商売にならないのでそうした営業トークをするのだろうが、こうした人たちは商品理解が乏しかったり、最後までサポートを継続しようとしない傾向もあるので、注意が必要だ。

間に介在する人が増えれば増えるほど、情報は希薄になったり間違って伝わってしまうし、責任の所在も曖昧になっていく。

オフショア投資はIFAと直接繋がって契約からアフターサポートまでをお世話になるのが原理原則だが、その方法こそが一番シンプルで満期まで契約を継続できる方法と言えるのだ。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店IFAの選定でお悩みの方はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link