オフショア保険商品・海外積立投資の日本国内の正規代理店(IFA)を教えます!?金融商品取引法の観点から存在しない!

オフショア籍の金融商品の契約で最重要ポイントと言われるのが、正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)の選定である。

それは何故なら、契約からアフターサポートまでIFAにお世話になるからだ。

日本居住の日本人だと、日本国内にあるIFAであると安心するようだが、日本国内にお勧めできるIFAはあるのだろうか?

海外積立投資商品・オフショア保険商品の正規代理店であるIFA、日本国内には存在しない!

結論を先に書けば、日本国内に海外オフショア籍の金融商品の正規代理店(IFA)は存在しない。

それは何故なら、金融商品取引法の観点から日本国内に正規代理店を設置できないからである。

 

海外オフショア籍の金融商品は日本の金融庁に登録されていない。

金融商品取引法は、日本の金融庁に登録されていない商品の勧誘や営業、契約などの取引行為を禁止している。

なので、日本国内に正規代理店があれば、それは闇営業という事になる。

同様に、紹介や仲介で活動している日本国内にいる個人や法人も闇営業ということになる。

一方で、海外の金融商品を購入する事は禁止されていない。

販売側と購入側で規制が異なっているのだ。

つまりは、海外オフショア籍の金融商品に興味があれば、海外にある正規代理店(IFA)に自ら連絡(メール)をするしかない。

国内で闇営業している個人や法人を介して契約しても、契約者側が罰せられる事はない。

しかし、闇営業している人たちがいつまでアフターサポートをしてくれるかは分からないし、商品概要を正しく伝えられるのかも疑問なので、そうした個人や法人を介してオフショア籍の金融商品を契約すべきではない。

 

オフショア籍の金融商品の契約は日本居住の日本人に対する契約やサポート実績がある正規代理店(IFA)を選定すればよい!

日本に正規代理店(IFA)がないと不安に感じるかもしれないが、そんな事は全くない。

海外にあるIFAでも日本人スタッフがいて、日本居住の日本人に対する契約やサポート実績が豊富なIFAを選択すれば良いだけだ。

今はZOOMなどのウェブシステムで会話ができるので、海外と言えどそれほど壁に感じる事もない。

海外積立商品であればRL360やインベスターズトラスト、保険商品であればサンライフ香港、FTLife、パシフィックライフ、パンアメリカンライフなどがあるが、多くの保険会社と提携しているIFAを選んで、先ずは自分の考えや予算に合ったプランを相談してみるところから始めてみれば良い。

日本国内で知人・友人、はたまたセミナーや勉強会に参加すると、とある商品だけを勧められ、そのまま契約してしまう人もいるようだが、しっかりと商品の選定を相談しながら進めた方が良いと思う。

そうした相談ができるのも、多くの保険会社と提携しているIFAと言えるだろう。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店(IFA)の選定でお悩みの方はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link