フレンズプロビデント日本居住の日本人受入れ終了から10年!長期国際分散積立投資のメリットを享受できるのはこれから!

2022/8/12(金)-15(月)in愛知
オフショア投資相談会開催!
相談希望者はここをクリック!


2012年7月末にフレンズプロビデント(Friends Provident International、略称FPI)が日本居住の日本人の受入れを停止して丸10年が経過した。

今、何人の日本人がフレンズプロビデントの証券を維持しているか分からないが、間違いなくお宝証券となっていて、長期国際分散積立投資の商品概要を考えれば、これからどんどんメリットが大きくなっていくはずなので、頑張って積み立てを継続すべきと思う。

海外オフショア積立投資商品は満期まで完遂する事が最重要!

2012年の夏、フレンズプロビデント社が日本居住の日本人の受入れ終了を発表した時の衝撃は忘れられない。

当時は海外オフショア投資≒フレンズプロビデントの積立という感じであったが、発表から最終締め切りまで1ヶ月ほどしか猶予が無かった事もあり、これから日本人のオフショア投資はどうなるのだろう?という空気が漂っていた気がする。

フレンズプロビデントが日本居住の日本人の受入れを終了して以降はRL360、インベスターズトラスト、スタンダードライフ、ハンサード、メティスグローバル、コーンヒルetcが顧客を奪い取る展開になっており、RL360とインベスターズトラスト社が多くの日本人顧客を獲得しているのかなと思う。

だが、フレンズプロビデントが日本市場に業を煮やしたのと同じように、MLM(マルチレベルマーケティング)的に顧客獲得をしているIFA(正規代理店)が多いように感じるので、不安を覚える。

日本人が今後もオフショア市場への投資を行えるようにIFAは活動してほしいと思うし、新規契約を考えている人も、IFAに直接連絡して契約し、直接サポートを受けると言う原理原則に従ってもらいたい。

さもなければ、日本人が契約できるオフショア投資商品は更に減少してしまうし、折角良い商品を契約できたとしても、満期まで継続できるサポート体制で契約していなければ意味がない。

海外の保険会社(投資商品のプロバイダー)は撤退を表明したら、最終受入れまでの猶予期間をそれほど与えてはくれないので、興味がある人は行動を急ぐべきと言う事も併せて伝えておきたい。

 

フレンズプロビデントが日本居住の日本人の受入れを停止してから10年が経ったと言う事は悲しい出来事であるのだが、見方を変えれば、今でもフレンズプロビデントの証券を維持している人は10年以上契約を継続している事になり、素晴らしい事とも言える。

こうした海外積立投資商品は長期契約になるが、満期まで契約を継続する事により徐々にメリットが大きくなっていく。

10年以上契約を継続している人たちなのでここに書くまでもなく理解しているだろうが、日本にいながらコツコツと海外に資産を構築でき、気付けばそこそこ大きな金額になっている。

契約期間が長くなればなるほど手数料比率も徐々に低下していくので、運用効率が徐々に良くなっていく。

今は株価が不安定であり時価総額が思ったように伸びていないかもしれないが、それも見方を変えれば仕込みの段階と言えるし、円安で毎月の積立額が苦しくなっている方もいるかもしれないが、それも最終的には時価総額に積みあがっていくと考え、頑張って満期まで積立を継続してもらいたいと思う。

満期まで契約を継続した時には、海外に多くの資産が構築できているという意味で勝ち組になれるはずであり、フレンズプロビデントの証券を維持している事はその証と言えるのだ。

 

しかし、今現在どれほどの日本人がフレンズプロビデントの証券を持っているのだろうか???

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link