10年15年更新で支払保険料が増える国内の貯蓄型生命保険!海外オフショア生保は死亡保障額や解約返戻金が年々上がる真逆なシステム!

日本の生命保険を見ていると、10年更新の商品があったりする。

生命保険を10年ごとに更新していたら、その都度余命率が上がるので支払保険料は高くなる。

こうしたシステムにしているのは日本の生命保険の策略なのかもしれない。

日本と海外の貯蓄型生命保険はシステムが真逆!?

更新型の生命保険とは、10年などの期間で更新が行われるタイプの日本国内の生命保険。

貯蓄性のある終身保険を主契約とし、掛け捨ての特約として定期保険や医療保険などの保障が付いているものとなっているが、貯蓄型生命保険と言っても、日本国内の生命保険が利回りが良くないのはご存知の通り。

満期になれば、支払ったある程度の額が解約返戻金として返ってくるというだけの話である。

更新型でなく60歳満期の商品であっても、数十年支払って、解約返戻金がやっと数%プラスになる程度。

更新型の場合、更新する毎に年齢が上がり、支払い保険料が増えていくばかりである。

若い時は死亡する確率も低く、しかも10年間だけとなれば、その間に死亡する確率はとても低いはずだ。

保険会社が儲かるシステムを上手く構築しているなと感じる。

一方、香港など海外の生命保険は全く異なる商品システムとなっている。

日本人も受け入れている香港の代表的な保険会社の商品の満期は100歳となっているが、それまでに死亡保障も解約返戻期も増えていく。

(もちろん、亡くなった場合はその時点で死亡保障を受け取って契約は終了。)

生命保険は若い時に加入した方が余命率が長いので支払い保険料が安くなりお得だが、香港の生命保険は更新もないので、正に保険の王道的なシステムになっている。

支払い方法は一括、5年、10年、15年、20年と選択できるが、その後に更新される事はない。

なので、最初の契約時の年齢だけがポイントとなる。

(ただし、性別、喫煙状態などによっても保険料は変わる。)

4%程度で複利運用されていて、10~15年後に損益分岐点を迎えるようになっている。

72の法則に則れば、利回り4%であれば18年で資産が倍になっていくので、若く契約して長く運用期間を持つのがベストとなる。

貯蓄性と言う意味では、証券を維持したまま、一部引き出しができるのも日本の生命保険にはない特徴と言える。

正に、「日本の常識は世界の非常識」、「世界の常識は日本の非常識」である。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link