生命保険

もしもの時に残された家族の為にお金を残す事をポイントに契約する生命保険。日本の生命保険は死亡確率から考えて有益な商品はほとんど存在しない。本当に日本の生命保険に入るべきか良く吟味する必要がある。

生命保険

保険商品は保障と貯蓄、バランスのどれをメインに選択する?日本と海外オフショアを比較すると国内に良いプランがないのは明らか!

保険商品で保障と貯蓄は別々にと言う人がいる。それは日本の生命保険会社がまともなプランを提供できていないからであるが、国内の商品は保障も貯蓄もままならない現実がある。海外に目を向けると保障型、貯蓄型、バランス型とラインナップされている事が分かる。
オフショア

香港の金融ハブは終焉!?世界で最も高額なギネス記録の生命保険が契約されたり中国で個人の投資上限が引き上げられ資産移転加速中で活況!

香港金融は終焉とかオワコンという記事を見たりするが実際はどうなのだろうか?世界で最も高額な保険が契約されていたり、新規売り上げが増加している背景から考えると活況と思える。中国から香港への資産移転も加速しているようで、香港金融は右肩上がりと感じる。
生命保険

3月16日は財務の日!バレンタインショック後の法人保険(節税保険)の税務取り扱いをどう考える?

バレンタインショックにより損金計上目的での法人保険(節税保険)の販売が厳しくなっている日本。そもそも、日本には生命保険として本質的に効果を発揮する商品がないのが根本的な問題だが、海外では多種多様に活用範囲が広い保険が提供されていて興味深い。
生命保険

LGBTQ+カップルがパートナーに資産を遺せるお勧めの生命保険商品とは?契約者が死亡保険金の受取人を自由設定可能なプランもある!

日本でも多様性の受け入れが進んでいるが、税制や公的保障の部分ではまだまだ課題が多い。日本の生命保険ではLGBTQ+のパートナーを死亡保険金の受取人に設定できる商品もあったりもするが、海外オフショア籍の生命保険と比較すれば大きく力負けしている。
オフショア

オフショア保険商品/海外積立投資商品で契約者や被保険者である自身が突然亡くなった時の為の対応策!IFAの連絡先を身内に教えておこう!

オフショア籍の保険商品や積立投資商品などの金融商品は海外の商品故にサポートが重要となる。契約者=被保険者である自身が突然亡くなってしまっても対処できるようにしておくべきだが、最重要ポイントは身内にIFA=正規代理店の連絡先を伝えておく事だ。
オフショア

サンライフ香港(Sun Life hk)の評価や評判は?生命保険/相続/配当/貯蓄性保険商品etc 信頼性の高いオフショア金融商品のプロバイダー!

オフショア籍の保険会社であるサンライフ香港(Sun Life hk)。歴史や格付け会社からの評価などを基に信頼性についてまとめてみた。また、どのような商品を提供しているのか?そうした商品に興味がある日本人はどのように行動すれば良いのか?についても解説してみた!
生命保険

1月31日は生命保険の日であり愛妻感謝の日!奥様や家族に喜ばれる資産運用を行おう!

1月31日は「生命保険の日」であり「愛妻感謝の日」となっている。日本の生命保険は利回りが低く貯蓄性もないので、本当に奥様や家族に感謝しているのであれば、海外に目を向けた方が良いはずだ。その運用利回りの差は明らかだ。
生命保険

日本居住の日本人を受け入れている香港保険会社ランキング!純粋な海外オフショア生命保険ではサンライフ香港&FTLife社の2社のみ!

香港で日本人を受け入れている保険会社を勝手にランキング!だが、日本人を受け入れている香港の保険会社で純粋な生命保険商品を提供している会社はサンライフ香港社とFTLife社の2社しかない。日本居住者にとってはとても狭き門になっている。
生命保険

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!

海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。
オフショア

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れ最新況情報まとめ2024年版!サンライフ香港は日本など国外の法人契約を打ち切った!

海外オフショア籍の生命保険加入受け入れの最新情報をまとめてみた。サンライフ香港社は新商品を上市した一方で、香港とは関係ない法人での新規受け入れを停止した。ご自身の予算や考えでどのような商品・プランが良いかは直接IFA=正規代理店に聞いてみるべし。