台湾のM資金!?旧1万円札が大量に眠っているらしいが換金できずに死に金になっている!?

2019/05/06

日本政府は2024年(令和6年)に新紙幣へ変更する事を発表している。

2004年、1984年にもデザイン変更がされており、20年毎に新札が発行されている。

この発表があったのが2019年4月8日だが、その翌日、台湾で聖徳太子の肖像が描かれた偽の旧1万円札が大量に押収されたと言うニュースが報道された。

台湾で聖徳太子が描かれた旧1万円の偽札を押収、約2億円分

http://news.livedoor.com/article/detail/16290562/

このタイミングは何なんだろうか?

このニュースはあくまで偽札だが、実は台湾には本物の旧1万円札紙幣が大量に眠っているという噂がある。

台湾版「M資金」と呼ばれているとかいないとか。

M資金は、GHQが日本を占領していた時に日本で接収した財産などの事を言う。

台湾は戦時中は日本の占領下であった為、台湾にも多くの日本の資産があり、そのままM資金となったのかと思う。

時を経ることに新札に変更されていった資産もあるのだろうが、どこかの場所にタイミングを逸して変更できずにそのまま眠っている旧1万円札が大量にあるそうだ。

大量と聞いただけで、実際にどれほどの金額なのかは全く分からない。

世界的にマネーロンダリング規制が厳しくなっているので、今となっては簡単に新紙幣への変更ができなくなっている。

もし、大量にある旧1万円札を新1万円札や米ドル、香港ドルなどに変更できる人がいれば、大きなビジネスチャンスになると思う。

それなりの手数料が得られる事だろう。


☆ご質問はこちらから。


★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link