香港

100万ドルの夜景、観光、ショッピングが有名な香港。金融立国としての顔も持つ。イギリスの植民地であったが、1997年に中国に返還された。現在は中国の特別行政区であり、英国文化と中国文化が融合されている。金融含め行政は、英国風。日本からの飛行時間は約5時間で、LCCのフライトにより安価に行ける。日本から一番近いオフショア地域。

生命保険

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!

海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。
オフショア

香港IFAランキング!保険会社との提携数や取り扱い商品が多く、クライアントが多数の国にいてサポートレベルが高い正規代理店を選ぼう!

オフショア投資は契約時から事後サポートまでを正規代理店である「IFA」がお世話してくれる事になる。日本人を受け入れているIFAは20社ほどあると言われているが、どのIFAを選択するかがとても重要となる。IFAのお勧めランキング、知りたいですか?
オフショア

サンライフ香港Life Brilliance(ライフブリリアンス)Vision(ヴィジョン)Venus(ヴィーナス)Victory(ヴィクトリー)の相違点比較&契約選択基準!

Life Brilliance(ライフブリリアンス),Vision(ヴィジョン),Venus(ヴィーナス),Victory(ヴィクトリー)などを上市しているサンライフ香港。こららの商品の相違点などを比較してみた。自分がどの商品にマッチしているかの参考例にしてもらえればと思う。
オフショア

サンライフ香港Victory(ヴィクトリー)とFTLife Regent Premier 2(リージェントプレミア2)の比較!貯蓄型保険商品を契約するならどっち?

サンライフ香港のVictory(ヴィクトリー)とFTLifeのRegent Premier 2(リージェントプレミア2)はどちらも貯蓄型保険商品となっていて、似たような商品概要となっている。この2つの商品を比較し、契約するならどちらが良いのかを検証してみた。
生命保険

香港保険業監管局(Hong Kong Insurance Authority)の登録確認方法!IFA₌正規代理店選択での最重要(最低限)チェックポイントとは?

香港の保険を契約するのであればHKIA(Hong Kong Insurance Authority=香港保険業監管局)に登録されている正規代理店=IFAで直接契約するのが大鉄則。正規代理店のように装っている会社もあるので、その確認方法についての解説をしてみた。
金融知識・金融教育

キャッシュカードレス=ATMカードが無くなる日がやってくる!?デジタルの発達により紙幣・貨幣そのものの存在価値が希薄になっている!

日本のATMでお金を下すには通帳かキャッシュカードを入れて暗証番号を入力する事になる。香港では口座番号やスマホアプリのQRコードを活用して引き出せるATMもある。つまりはキャッシュカード(ATMカード)が不要な時代が到来しているのだ。
香港

香港は社会保障制度が日本よりも充実している訳ではないが民間保険商品や低税率などで生きやすくビジネスもし易い環境となっている!

日本の社会保障制度は崩壊に向かっていて自助努力が求められている。実は香港は日本のように社会保障制度が存在している訳ではない。その代わり民間保険会社が優れた商品を提供しており、生き易い環境となっている。日本人も香港の保険会社を活用すべきと言える!
香港

香港の保険会社が倒産したら証券はどうなる?ソルベンシー・マージン比率や格付けで安定性を確認して正規代理店=IFAで直接契約すべし!

香港の保険会社が倒産したら証券はどうなりますか?という質問を受ける事がある。そうした事態となれば日本は当然ながら、多くの国の保険会社は破綻しているだろうし、世界的な経済危機に陥ってるはずだ。保険会社の安定性は財務状況や格付けを見ておけば良いだろう。
生命保険

香港保険のメリット・デメリット!オフショア金融センターの商品は利回り以外の利点もあるが海外故にサポートが無ければリスクとなる!

オフショア金融センター香港の保険商品は利回りが良いなど多くのメリットを享受できる。だが、投資商品故にリスクやデメリットを把握しておきたいと考える人も少なくない。IFAと直接繋がっていれば良いが、紹介者や仲介会社経由だとデメリットになる事がとても多い。
オフショア

香港の保険会社の利回り実績値(履行率≒達成率)は公表されている!7%程度の複利運用でシミュレーションされている貯蓄型プランもあり!

香港の保険会社の運用利回りは2022年の金利上昇などにより7%程度で運用されるシミュレーションとなっている。シミュレーションではなく実績値が気になる人もいるだろうが、各社の公式サイトでシミュレーションに対する履行率・達成率が公表されている。