9月19日は遺品整理の日!遺された人が苦労しないように終活で遺産承継や相続を済ませておこう!

2020年11月23日(月・祝)-26(木)、東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

9月19日は遺品整理の日。

故人を懐かしみながら遺品を整理すると同時に、自分が亡くなった後に遺された人が苦労しないように生前から準備をしておこう。

亡くなった後に遺された人に苦労させないようにしよう!

大阪府箕面市に本社を置き、梱包事業、給食事業、生花事業、産直市場など、さまざまな事業を展開する株式会社アヴァックが制定。秋の彼岸の月である9月に祖先を供養するとともに、故人の遺品も供養して整理し、遺族に新たな一歩を踏み出すきっかけの日にして欲しいとの願いが込められている。日付は依頼された遺品の整理をすぐ(クイック=9.19)にするという意味から。

遺品整理と聞いて、何か良いものが出てくるのでは?と期待する人は少ないと思う。

どちらかと言えば、言い方は悪いが後片付け的な作業になってしまう事が多い。

なるべく、遺された人に苦労をかけないようにすべきではないかと思う。

生活していれば物が溢れるのである程度の遺品が残るのは仕方ないが、余計な事をさせないようにすべきである。

そうした事をまとめるのが終活だと思う。

亡くなる前にすべきことを行う活動が終活だが、その中にお金の問題も出てくるだろう。

それなりの遺産があるのなら、生前に承継できるものはしておくべきだろうし、相続も税金をなるべく取られないように対処しておくべきである。

何も行わないまま亡くなってしまい、遺された人がその作業で苦労するのは良くないだろうし、家族や兄弟が仲違いになってしまったら悲しい話。

そのような事は誰も望んでいないはずだ。

なので、生前に終活を行い、資産承継を済ませておくべきである。

問題は、日本の相続や資産承継は多額の税金が取られる事。

そして、国内には相続対応で満足できる金融商品が無い事である。

利回り自体がそもそも悪い。

海外には利回り良く資産を承継していける金融商品がある。

そうした商品を活用すれば、遺された人たちは間違いなく喜んでくれるだろう。

遺品・遺産・相続・資産承継etc、何も行わないと遺された人は苦労をするばかりだが、事前に対処をしておけば遺された人は感謝してくれるはずだ。

人は誰しも死を迎える訳だが、どのように亡くなるかで、後々評価のされ方も変わってくるのかもしれない。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link