月利でなく日利案件!?もちろんお勧めできないのでやるべきではなく、数ヶ月で破綻する可能性も大!

【限定1名】2020年12月6日(日)午前、福岡にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

本ブログでは度々投資詐欺に対する注意喚起を行っている。

投資詐欺かどうかの判断基準の一つとして、月利案件は要注意!というのがあるが、最近は日利案件まで出てきているらしい。

もちろん、日利案件などに投資すべきではなく、そうした案件の話をしてくる人がいたら、直ぐにその人物から距離を置くようにしなくてはならない。

距離を置くとは、簡単に言えば逃げろ!という事だ。

月利案件は数年、日利案件は数ヶ月で破綻する⁉

投資詐欺、特に海外を舞台にした事例の場合、以下のリンクを参考にして頂ければ、ある程度は詐欺かどうかを見分ける事ができる。

海外を活用して日本人が日本人に対して詐欺をはたらきかける事があるので、注意しなくてはならない。

英語の案件名をgoogleに入力したところで、日本語のサイトやブログしか出てこない事もあったりする。

これは海外投資詐欺を念頭に書かれている。

海外を舞台にしている為、円建てや日本語の契約書に要注意と書かれているが、月利何%と言われた時点で危険を察知しなくてはならない。

月利案件でも注意が必要なので、日利案件となったら警報レベルである。

今年聞いた話では、アービトラージシステムを活用して日利数%を得られる案件が出金停止となっていて、破綻状態にあるようだ。

開始から数ヶ月しか持たなかったようだが、月利案件で数年で破綻するケースが多いので、日利案件ではもっと早くなり、数ヶ月で破綻してしまうのだろう。

破綻する原因としては、実際には運用などしておらず、自転車操業で回しているだけであり、計画段階から数ヶ月、数年後に破綻させて終了とする事が決まっているのだと思う。

実際にはお金が全て無くなった訳ではなく、上層部は海外のどこかにお金を移しているはずだ。

海外での案件なので、詐欺であっても裁判を行う事も簡単ではなく、泣き寝入りするケースも少なくない。

なので、最初から詐欺に遭わないという心掛けが必要なのだ。

(裁判前提で契約する人などいないだろうが。)

日本人はファイナンシャルリテラシーが低いと言われるが、月利や日利案件で飛びついてしまうのは日本人だけなんだろうと思う。

日利で複利運用されたら、シミュレーション上は短期間の間にスゴイ数字になってくるが、そんな上手い話は海外であっても有り得ない。


⇒ ご質問はこちらから。



★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link