オフショア投資商品は正規代理店に直接連絡して加入するものだが、紹介者を介さないと契約出来ないのであれば止めておくべき!

2021年8月9日(月/祝)-13日(金)in愛知、オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はここをクリック!

オフショア投資商品は日本人にとって有用・有益なプランである事が多い。

日本に住んでいるからこそ、資産分散の意味も込めて海外のオフショア投資商品を契約すべきだと思っている。

海外の金融商品なので、海外にある正規代理店でお世話になるのだが、中には紹介者を介さないと契約できない事もあるそうだ。

そうした形でしか契約出来ないのであれば、契約すべきではない。

同じ商品を正規代理店から直接契約できるのに、わざわざ紹介者を挟む理由が分からない!

海外オフショアの金融商品、海外にあるIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店を介して契約からアフターサポートまでをお世話になるのが鉄則である。

プロバイダー(保険会社) – IFA(正規代理店) – クライアント(顧客)

だが、同じ商品を契約するのに、何故かIFAとクライアントの間に紹介者やブローカーなる代理店が入り込んでくるケースがある。

(同じ商品であっても、提携しているIFAは基本的に幾つかある。

複数のIFAで扱っていないような独自商品はそもそもお勧めしない。)

プロバイダー(保険会社) – IFA(正規代理店) – 紹介者・ブローカー – クライアント(顧客)

間に人や会社を挟む理由はどこにあるのだろうか?

海外の商品なので間に入ってサポートしてあげる的な事を言ってくる人もいるようだが、日本人スタッフがいるIFAもあるので、そうした存在は必要ではない。

間に介在する人や会社が増えると、責任の所在が曖昧になったり、法的な問題が発生したり、無駄なコストが生じたり、サポートが杜撰になったりとマイナスな要素が増えていくばかりである。

そもそも、本来はIFAの業務である事務手続きやアフターサポートを丸投げしてMLM(マルチレベルマーケティング)・ネットワークビジネスのような形にしているに過ぎない。

私はそうしたビジネススキームが好きではないので、そうした形での契約を全くお勧めしないのだが、情報やサポートが間接的になるこの契約方法を好んで選択したければそれでも良いと思う。

 

同じ金融商品をIFA(正規代理店)で直接契約してサポートを受けられるようにするか、間に介在する人や会社を敢えて増やして複雑に間接的に契約するのか、その判断はあなた次第!

 

ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link