生命保険・養老年金・積立投資・一括投資etc自分に合ったオフショア投資商品が分からないならIFAに相談してみれば良い!

オフショア投資で契約する商品は、生命保険、養老年金、積立投資、一括投資に大別されると思う。

自分がどの商品・プランが合っているのか分からなければ、IFA(Independent Financial Adviser)に直接相談してみれば良い。

IFAはアドバイザーでもあるが、さすがに少額での投資を希望している人の話は全て聞いてはもらえない。

生命保険、養老保険、積立投資、そして一括投資。

各々特性が異なるので、自分が何を目的にしているのかが明確であれば、あとはサポート力があるIFA=正規代理店に直接連絡をして契約を行えばよい。

日本でも同じような投資商品があるが、その利回りや有効性は間違いなくオフショア投資のが良いので、目的がしっかりとしていれば、オフショア投資を選択した方が良い。

では、余裕資金があるものの、自分がどのカテゴリーの商品に契約すべきかと悩んでいるのであれば、それもIFAに相談して決めれば良い事だ。

IFAのAはAdviserの意味なので、アドバイスを貰えばいいのである。

とは言え、どんな顧客でも受け入れて話を聞いてくれるかと言えばそんなことはなく、生命保険や養老年金であれば総額4~5万米ドル以上、積み立てであれば毎月USD500以上支払えるかどうかがベースになると思う。

IFAもビジネスなので、今後の契約見込みがある人でなければ相談に乗ってはもらえないだろうし、契約後のサポートを考えると、投資額の低い人は受け入れてはもらえない。

そもそも、少額でわざわざ海外投資を行う必要はないと思う。

自分がどんな商品が合っているか悩むのは仕方ない事だと思うが、日本人の契約を受け付けているオフショア投資のプロバイダー(保険会社)は限定されている。

Sun Life hk(サンライフ香港)、FTLife(エフティライフ)、RL360°(アールエルスルーシックスティ)、Investors Trust(インベスターズトラスト)と言ったところである。

オフショア投資のプロバイダー側からの視点で考えると日本市場はそれほどメリットがある訳ではないので、多くのプロバイダーが過去に日本撤退を決めている。

今後も日本人が契約できるオフショア投資商品は減っていく可能性があるので、オフショア投資に興味があるのなら早めにアクションを起こした方が良い。

先ずは、自分がどの商品があっているかを知る為にIFAに相談してみるところから始めてみることをお勧めしたい。

IFAの選定は、多くのプロバイダーと繋がりがあるIFAかどうかポイントになってくる。

多くのプロバイダーと繋がりがあれば選択できる商品が広がる。

(と言っても、日本人が契約できる商品は限られているのだが。)

そして、多くのプロバイダーと繋がりがあれば金融や商品についての知識が広く深くなるので、そうしたIFAはお勧めとなってくるのだ。

また、既に自分がどのようなカテゴリー・商品に投資するかがある程度決まっているのであれば、そうした商品を扱っていてサポート力があるIFAを選定していけば良い。

どちらにしてもIFA選びが重要になるのだが、多くのプロバイダーと繋がりがあり、サポート力があるIFAを選択すれば間違いはない。

 

⇒ ご質問やIFAの紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link