預金封鎖までにやるべき資産防衛とは?資産税・財産税の対象とならないように海外保険会社の口座を活用してキャピタルフライトすべき!

2021年8月9日(月/祝)-13日(金)in愛知、オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はここをクリック!

2024年に切り替えが決定している日本銀行券(日本円紙幣)。

そのタイミングを利用して預金封鎖が起こり資産税や財産税が徴収されるのではないか?と不安を覚えている人も増えている。

その為に行うべき資産防衛策はどんな事があるだろうか?

日本国内に余裕資金(資産)を置いておかない事に尽きると思う。

余裕資金は海外に!日本に資産を置いていて意味はある?

預金封鎖が起こるか起こらないかの議論はここではしないが、起こった時にリスク回避をする事が資産保全と言える。

仮に預金封鎖が起こらなかったとしても、資産価値が向上する意味ある行動をしておけば良いだけだ。

逆に、預金封鎖が起こらないと思っていて何の対応もしていなければ、イザ起こってしまった時に痛い目に遭うだけである。

痛い目に遭いたくなければどうすれば良いのだろうか?

それは日本に資産を置いておかない事に尽きる。

日本に生活している以上、日本での生活費は必要であるが、それ以外の余裕資金は海外に移しておくべきだ。

預金封鎖と聞くと銀行だけが対象になると考えがちだが、日本政府が把握出来るありとあらゆるものが対象になると考えても不思議ではない。

事実、昭和21年に起こった預金封鎖では不動産も課税対象となっている。

当時と比較して株式などの有価証券や金(GOLD)などの現物、外貨、保険商品etc、資産の幅は広がっているが、日本政府が把握できて課税可能となるものは全て対象になると考えておいた方が良いだろう。

そんな事を日本政府が本当にやるの?と感じる人も多いと思うが、コロナ禍の日本政府の対応を見ていたら、最終的にどれだけ国民を守ってくれるかの判断はできるはずだ。

切り捨てるところはズバッと切り捨てるのが、今の日本の政治と言える。

自分の資産を守る為、自分の資産が課税対象とならない為には、余裕資産は日本ではなく海外に分散させておくべきなのである。

コロナ禍の今、海外に渡航する事はできないが、日本にいながら契約できる金融商品がある。

そうした金融商品を活用すれば、キャピタルフライト(資産移転・資産逃避)・資産防衛・分散投資などが同時に行える。

冒頭に「仮に預金封鎖が起こらなかったとしても、意味ある行動をしておけば良い」と書いたが、海外には利回り4%程度で運用される金融商品もある。

そうした金融商品を活用すれば、資産防衛するだけでなく資産価値を向上させていくこともできる。

海外に資産を移していれば日本の預金封鎖に対応でき、預金封鎖が起ころうと起ころまいと運用によって資産価値は上がっていくので、どちらにも対応できるのだ。

どちらかの相場に張っていくのは投機と言われるが、どちらにも対応できるのが真の投資と言える。

 

☆ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link